現在の位置:ホーム
平川市観光情報

暮らしのガイド

妊娠・出産

出産への給付

健診 など

子育て

子育て支援

手当・助成 など

教育

保育園等

小・中学校 など

就職・退職

求人情報

国保・年金 など

結婚・離婚

結婚支援

戸籍の届出 など

引越し・すまい

異動届

ごみ・町会 など

高齢者・介護

介護保険

高齢者福祉 など

ご不幸

火葬場の使用

葬祭費 など

相談・注意喚起

各種相談

消費生活に関する
注意情報

トピックス

令和3年3月の市内の話題

23日、あおぎん青令会より児童の健全育成に寄与するための図書の購入を目的として図書カードの寄附があり、寄附贈呈式が行われました。服部泰成会長が「青少年の育成、文化の向上のために少しでも寄与できればうれしい。これからも市の発展のために尽くしていきたい」と述べ、長尾市長は、「読書は心の豊かさにつながっていく。子どもたちの心に残るような本を購入したい」と感謝の意を述べました。

令和3年1月の市内の話題

20日、平賀保育園の園児たちが、平賀駅前のスパロウズクライミングジム(代表:長尾 忍)にてボルダリングの体験を行いました。最初は「高い!怖い!」と恐る恐る登っていた子どもたちも、次第に慣れてくるとどんどんチャレンジするようになりました。中には一番上まで到達する園児もおり、子どもたちの成長力の高さに驚かされる一日となりました。

令和3年2月の市内の話題

2月3日、児童の健全育成に寄与することを目的として、平賀・尾上ロータリークラブ様より、5万円相当の図書が贈呈されました。会長の齋藤憲法氏は「子どもたちが健全に育ち、平川市を背負っていけるような人材の育成のために役立ててほしい」と述べ、長尾市長は「多様な考え方や文化を学ぶためには読書が大事。児童の読書習慣や意欲の向上に活用したい」と感謝を述べました。

令和2年12月の市内の話題

株式会社日本マイクロニクスより、平川市が企業版ふるさと納税を活用する事業として内閣府から認定された、地域再生計画「平川市まち・ひと・しごと創生事業」に対して寄附金100万円が贈呈されました。長尾市長は「市民のワークライフバランスや働き方改革など、いただいた寄附金を平川市の地方創生事業に役立てていきたい。」と感謝を述べました。

令和2年11月の市内の話題

26日、東北電力ネットワーク株式会社と株式会社ユアテックより、明るいまちづくりに向けた取り組みを支援するため、LED街路灯10基(取付工事を含む)の寄贈があり、寄附贈呈式が行われました。この寄贈は平成18年度から継続して行われており、今年度で計120基設置されることとなります。目録を受け取った長尾市長は「市民のみなさんの安心安全を守るため、子どもたちの通学路や地域の防犯に使わせていただきたい。」と感謝の言葉を述べました。

令和2年9月の市内の話題

9月25日、(仮称)若者議会ワーキンググループの3回目の会合が開催され、若者議会の先進自治体である愛知県新城市とのオンライン交流会を行いました。新城市のまちづくり推進課の和田さんが若者議会の概要や今までに実現した施策について紹介しながら、事業を運営する上での注意点等についてアドバイスをしました。メンバーたちは来年から本格稼働する上での不安点や疑問について積極的に質問をしていました。

令和2年8月の市内の話題

8月28日、苗生松みどり会より、メークイン1400キログラムが寄贈されました。同会は遊休農地の活用や地産地消を進める取り組みとしてじゃがいもの作付けを行っており、市への寄贈は今回が5回目となります。今井会長は「今年は収量も十分だったので、食育や地産地消の取り組みに活用してほしい」と述べ、長尾市長は「今年は大変いいじゃがいもが出来たと聞いている。学校給食やトラックマーケットでも好評なので、今後も活動を続けてほしい」と述べました。

令和2年7月の市内の話題

演劇集団「夢ぶたい」の名物キャラクター「おていちゃん」が平川市を応援しPRする動画「おていちゃん三姉妹ひらかわ観光地めぐり」が完成し、おていちゃん三姉妹を演じた「夢ぶたい」の斎藤会長、タレントの中島美華さん、AOMORI花嵐桜組の小野郁子代表ら、関係者が長尾市長を表敬訪問しました。動画を視聴した長尾市長は「市民だけでなく、日本中が元気になるような動画で、市をPRしていただきありがたい」と感謝を述べました。

令和2年6月の市内の話題

平賀あすなろ保育園の園児14名がミニトマトの収穫体験を行いました。この体験は町居地区のhiromasa農園(代表:奈良拓昌さん)にて行われ、今年初めて開催されました。園児たちは、収穫の仕方を教えてもらうと、「こっちにたくさんあるよ~!」「小さくてかわいい!」など歓声をあげながら、真っ赤に育ったミニトマトを一つ一つ丁寧に収穫していました。

令和2年4月の市内の話題

新型コロナウイルスの飛沫感染防止を目的に、(株)アップルランド南田温泉と(株)マルジンサンアップルより立体マスク1,000枚が寄贈されました。マスクは市内の妊娠されている方(24日現在で97名)へ1人10枚ずつ配布される予定です。長尾市長は「コロナウイルスで大変な時にこうして寄附していただくのは大変ありがたい。市の未来を担う子どもたちがコロナウイルスに負けることなく、元気に生まれてきてほしい。」と感謝を述べました。

皆様からのご意見

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

ページの先頭へ

ホームへ戻る