ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 利用者負担軽減 > 特定入所者介護サービス費

特定入所者介護サービス費

介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の施設サービスを利用する場合、利用者負担のほかに食費と居住費(滞在費)を負担することとなります。
そのため、利用者負担段階が第1段階から第3段階に該当するかたは、施設の利用が困難とならないように、申請により食費と居住費(滞在費)の利用者負担が軽減されます。

(注1) 施設サービスには短期入所(ショートステイ)も含まれます。
(注2)

グループホームは対象施設となりません。

特定入所者介護サービス費(負担限度額)の利用者負担段階

利用者負担段階は、世帯の課税状況や本人の所得に応じて、第1段階から第4段階に分かれます。

利用者負担段階 対象となるかた
第1段階
  • 老齢福祉年金受給者で住民税非課税世帯
  • 生活保護受給者

(負担額が第1段階であれば生活保護受給者とならない人)

第2段階
  • 住民税非課税世帯で、合計所得金額(注2)と課税年金収入額と非課税年金収入額の合算が80万円以下の人

(負担額が第2段階であれば生活保護受給者とならない人)

第3段階
  • 住民税非課税世帯で、利用者負担段階第2段階以外の人

第4段階

(基準費用額)

  • 住民税課税世帯

(注1)

住民税非課税世帯であっても、世帯分離している配偶者が住民税課税者の場合、または預貯金などが一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合は、対象となりません。

(注2)

合計所得金額とは、収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。

なお、合計所得金額から「長期譲渡所及び短期譲渡所得に係る特別控除額」及び「公的年金等に係る雑所得」を控除した金額を用います。

 

 第1段階から第3段階の利用者負担段階に該当するかたは、次のとおり負担限度額が設定され、それを超えて支払う必要がなくなります。

利用者負担段階 居室環境 居住費(滞在費) 食費
第1段階 ユニット型個室 820円 300円
ユニット型準個室 490円
従来型個室

(注)320円

多床室 0円
第2段階 ユニット型個室 820円 390円
ユニット型準個室 490円
従来型個室 (注)420円
多床室 370円
第3段階 ユニット型個室 1,310円 650円
ユニット型準個室 1,310円
従来型個室

(注)820円

多床室 370円

第4段階

(基準費用額)

ユニット型個室 2,006円 1,392円
ユニット型準個室 1,668円
従来型個室 (注)1,171円
多床室 (注)855円
(注) 各段階の従来型個室の居住費(滞在費)と第4段階(基準費用額)の多床室の居住費(滞在費)の金額は、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)に入所の場合の負担限度額になります。

介護老人保健施設、介護療養型医療施設に入所の場合は、それぞれ第1段階「490円」、第2段階「490円」、第3段階「1,310円」、第4段階(基準費用額)「従来型個室1,668円」「多床室377円」となります。
負担限度額認定申請書は各種様式ダウンロードこのリンクは別ウィンドウで開きますのページから入手できます。

申請先

高齢介護課介護保険係(平川市健康センター内)
電話番号:0172-44-1111(内線1155)

尾上総合支所 市民生活課市民係
電話番号:0172-44-1111(内線2136)

碇ヶ関総合支所 市民生活課市民係
電話番号:0172-44-1111(内線3134)

この記事への問い合わせ

高齢介護課 介護保険係

平川市柏木町藤山16番地1(健康センター)

電話番号:0172-44-1111(内線1155)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る