ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 文化・スポーツ・市民活動 > 社会教育施設 > 郷土資料館

郷土資料館

新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、保健所等による調査が必要な場合の連絡先・入館者数把握のため、ご利用の際には「入館受付票」への記入をお願いいたします。

1)施設の紹介

平川市郷土資料館は平川市文化センター(複合施設)内にあります。センター2階の資料展示コーナー(常時公開)と収蔵庫(要予約)に郷土資料を展示・保管しております。開館時間、休館日は文化センターに準じています。

【開館時間】 9時から17時
【休館日】 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)と12月29日から1月3日
【見学】 無料
【交通案内】
  • 弘南鉄道平賀駅より徒歩10分
  • 東北自動車道大鰐弘前インターチェンジより車16分
  • 黒石インターチェンジより車13分
【駐車場】 無料駐車場があります

2)展示案内

文化センター2階の資料展示コーナーでは、平川市の歴史年表、市内の遺跡からの出土品の実物や、市ゆかりの人物、国・青森県・市の指定文化財の写真、民俗資料(生活の道具、農作業の道具)、歴史資料(古文書、絵図)を常設展示しています。収蔵庫には民俗資料や遺跡の出土品、古文書等を保管しています。

 

1 先史・古代・中世―山・川が育んだ歴史

 平川市内の縄文から鎌倉時代の遺跡や遺物を紹介しています。

2 昔のくらし―家の中の風景をのぞいてみよう!

 昭和30年代の日本家屋をイメージした展示です。実際に展示物に触り、当時の暮らしを体験してみましょう。

3 近世・近現代―弘前藩から三町村、そして平川市へ

 弘前藩による統治時代から、現在までの歴史を振り返ります。併せて、郷土ゆかりの人物の紹介、民俗芸能、伝統工芸であるこぎん刺しの展示も行っています。

4 米・山・りんご―豊かな平川産業史
 平川市の発展を支えてきたりんご栽培、稲作、林業の歴史を、実際の資料とともに紹介します。

展示品が出土した主な遺跡

縄文時代 太師森遺跡(新屋) 八幡崎遺跡(八幡崎) 四戸橋遺跡(碇ヶ関古懸)
弥生時代 駒泊遺跡(新館) 井沢遺跡(唐竹)
奈良時代 原遺跡(原)
平安時代 八幡崎遺跡(八幡崎)大光寺新城跡(大光寺)
中世 大光寺新城跡(大光寺)

資料展示コーナー(センター2階)

当館が所蔵する資料の一部を展示しています。平川市と弘前大学との連携調査研究事業「文化財を活かした魅力発信事業」の一環として、リニューアルされました。改良・改善によって展示スペースが広くなり、展示数が増えました。

資料展示コーナー

収蔵庫(要予約)

当館の資料を保存しています。市町村合併に伴い現在の平川市となった平賀地域、尾上地域、碇ケ関地域の考古・民俗資料などが集約されています。耐震、耐虫、防災の観点からも、保管に優れた施設です。収蔵庫◀鉄骨パイプを使用し棚を高層化することで、スペースを拡張しました。

3)開催事業について

令和4年度郷土資料館開催(予定)事業

・史跡文化財巡り:6月18日、19日

・ひらかわ郷土芸能発表会:7月上旬

・夏休み体験学習「考古学者体験!」:7月下旬

・美術作品展「今井仭作品展(仮)」:8月上旬~中旬

・ひらかわ歴史散歩~広船地区編~:10月上旬~中旬

・ひらかわ文化財講座:10月下旬

・齋藤浩レコード展(仮):11月上旬~下旬

・冬休み体験学習事業「土偶クッキーづくり」:1月上旬

・伝統文化鑑賞会:2月~3月

 

開催の際は随時チラシや市ホームページにてお知らせいたします。

なお、事業は新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から中止・延期となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

【お問い合わせ先】

平川市郷土資料館(平川市文化センター内)
〒036-0102 平川市光城2丁目30番地1
電話番号:0172-44-1221 ファクス:0172-44-8780

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る