ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 高額医療 > 高額医療費貸付事業

高額医療費貸付事業

高額療養費の払い戻しを受けるには、診療月から3ヶ月以上後になるため、当面の医療費の支払いに充てる資金として、無利子で高額療養費支給見込額の9割相当額の貸付を行う「高額医療費貸付事業」を実施しています。

(注)これから高額な診療を受けられる方は「限度額適用認定証」をご利用ください。

手続きに必要なもの

  1. 被保険者証
  2. 認め印
  3. 世帯主名義の通帳(世帯主以外の口座に振り込みを希望する場合は委任状が必要です)
  4. 医療機関などからの請求書
  5. 貸付申込書
  6. 医療機関などの受療委任兼返還同意書
  7. 借用書
  8. 償還方法の委任状
  9. 貸付変更届(世帯主の変更などがある場合)

(注1)5~9は受付窓口に用意しています。

(注2)6は事前に医療機関などで手続きが必要です。

貸付の流れ

  1. 受付後、2~3週間程度で、貸付金(高額療養費支給見込額の9割)が指定の口座に振り込まれます。
  2. 診療月から3ヶ月後以降に高額療養費の支給金額が決定されます。
  3. 高額療養費が貸付金の返済に充てられ、残額が指定の口座に振り込まれます。

(注)決定された金額が貸付金よりも少なく、返済額に不足が生じた場合は、返納通知書が送付されますので、期日までに納付していただくことになります。

受付窓口

本庁舎2階国保年金課国保係
尾上・碇ヶ関総合支所市民生活課市民係

関連記事

この記事への問い合わせ

国保年金課 国保係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁2階)

電話番号:0172-44-1111(内線1251・1252・1257)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る