ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 子育て・教育 > 母子の健康 > 子どもの予防接種

子どもの予防接種

大切なお子さんを感染症から守るため、予防接種を受けましょう!

定期の予防接種は、種類や回数・対象年齢などが法律で定められています。決められた年齢(月齢)と接種間隔を守って接種しましょう(対象年齢外に受けた方は、任意接種となります。)。

標準的な接種間隔は、感染症にかかりやすい年齢において予防する観点から、接種が望ましいとされる年齢や接種間隔です。できるだけ、標準的な接種間隔で受けましょう。

 

接種対象年齢、標準的な接種開始時期、接種間隔について

ワクチン名

(接種対象年齢・期間)

望ましい接種開始時期(回数)
※ヒブ・小児用肺炎球菌については、接種開始時期ごとの接種方法を記載しています。

接種回数と標準的な接種間隔

B型肝炎

(1歳未満)

生後2か月から3か月の間に2回
生後7か月から8か月の間に1回

3回:1回目から27日以上の間隔をあけて2回目を接種。3回目は1回目から139日以上をあける

ヒブ(Hib感染症)
(生後2か月から5歳未満)

生後2か月から7か月に開始した方

(望ましい接種開始時期はこちらです)

初回 3回:27日から56日の間隔をおいて
追加 1回:初回(3回)終了後、7か月から13か月の間隔をおいて

生後7か月から1歳未満に開始した方

初回 2回:27日から56日の間隔をおいて
追加 1回:初回(2回)終了後、7か月から13か月の間隔をおいて
1歳から5歳未満に開始した方 1回
小児用肺炎球菌
(生後2か月から5歳未満)

生後2か月から7か月に開始した方

(望ましい接種開始時期はこちらです)

初回 3回:27日以上の間隔をおいて(2、3回目は生後1歳まで)
追加 1回:生後1歳から1歳3か月までに (初回終了後60日以上の間隔をおいて)

生後7か月から1歳未満に開始した方

初回 2回:27日以上の間隔で(2回目は生後1歳まで)
追加 1回:初回終了後60日以上の間隔をおいて

1歳から2歳未満に開始した方

2回:60日以上の間隔をおいて

2歳から5歳未満に開始した方

1回
四種混合        
(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)
(生後3か月から7歳6か月未満)
生後3か月から1歳の間に3回  1期初回 3回:20日から56日の間隔をおいて
 1期追加 1回:初回(3回)終了後1年から1年6か月の間隔をおいて

(注)三種混合ワクチンとポリオワクチンで接種をはじめた方で、接種が完了されていない方は、母子保健係までご連絡ください。 

 BCG(結核)

(生後3か月から1歳未満)

生後5か月から8か月未満の間に1回 1回

 

麻しん・風しん

(1期:1歳から2歳未満)
(2期:保育園年長児相) 

 

1期:1歳から2歳未満の間に1回 1回

2期:保育園年長時相当となった年の4月から6月の間に1回

1回

水痘(水ぼうそう)

(1歳から3歳未満)

1歳から1歳3か月の間に1回

2回:6か月から12か月の間隔をおいて
(注)すでに水痘(水ぼうそう)にかかったことがある方は対象外になります。

日本脳炎

(1期:生後6か月から7歳6か月未満)
(2期:9歳から13歳未満) 

1期:3歳中に2回、4歳中に1回 1期初回 2回:6日から28日の間隔をおいて
1期追加 1回:1期初回(2回)終了後、6か月以上、おおむね1年を経過した時期

2期:9歳中に1回

1回
二種混合
(ジフテリア、破傷風)
(11歳から13歳未満)
11歳中に1回 1回:四種混合1期を終了したお子さんが対象

子宮頸がん

(小学6年生から高校1年相当の女子)

13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの期間(中学1年生の間)

 

〇高校1年相当のお子さんについては当該年度の9月末までに1回目の接種を行うことにより標準的な接種間隔で当該年度中に3回の接種を行うことができます。

 

(注)平成25年6月の厚生労働省の通知を受け、積極的な接種勧奨を差し控えておりましたが、令和4年4月より積極的な接種勧奨が再開されました。

 

〇2価ワクチンの場合 3回
1回目の接種から1か月の間隔をおいて2回目、初回1回目から6カ月の間隔をおいて3回目当該方法をとることが出来ない場合は、1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて2回目、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2ヵ月半以上の間隔をおいて3回目 ) 

〇4価ワクチンの場合 3回
1回目の接種から2か月の間隔をおいて2回目、初回1回目の接種から6カ月の間隔をおいて3回目(当該方法をとることが出来ない場合は、1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて2回目、2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて3回目)

ロタウイルス

​※令和2年10月1日から、予防接種法の改正により、ロタウイルスワクチンが定期予防接種(無料)になります。(ただし、令和2年8月1日以降に生まれたお子さんが対象です。)

ロタリックス

(生後6週0日後から24週まで)

どちらのワクチンも初回接種を出生14週6日後までに行います(標準的な初回接種期間は、生後2か月から出生14週6日後まで)

2回接種(27日以上の間隔をあける)

ロタテック

(生後6週0日後から32週まで)

3回接種(27日以上の間隔をあける)

 

​◆予防接種の詳しい時期などは平川市健康カレンダー(予防接種は5ページから)でもご覧いただけます。

 

実施医療機関

令和4年度予防接種の個別接種指定医療機関一覧PDFファイル(179KB)

 

​接種間隔の変更について

令和2年10月1日から、異なるワクチン間の接種間隔が変更することとなりました。今後は注射の生ワクチン間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなりました。

ただし、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔の制限は従来どおりとなりますのでご注意ください。

異なる接種のワクチンを接種する際の接種間隔のルールが一部変更されます(厚生労働省ホームページ)

 

日本脳炎の特例対象者について

日本脳炎の予防接種は、平成17年5月以降、厚生労働省から積極的な接種勧奨の差し控えにより、日本脳炎の予防接種が未接種(4回必要)となっている方に、接種機会が確保されました。

 

令和3年度日本脳炎予防接種の定期接種をお待ちいただいた方へ

令和3年度においては、日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少されたことから、平成24年度生まれの方の2期接種、平成29年度生まれの方の1期追加接種をお待ちいただいておりました。令和4年度は接種が可能となりましたので、接種を受けてくださるようお願いします。

 

子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨の再開について

平成25年6月の厚生労働省の通知を受け、積極的な接種勧奨を差し控えておりましたが、令和4年4月から積極的な接種勧奨が再開されました。接種を希望される場合は、厚生労働省のホームページなどをご覧のうえ、接種することを推奨いたします。

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~(厚生労働省ホームページ)

 

​子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種について

積極的な接種勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方を対象に、キャッチアップ接種が令和4年4月から始まりました。

対象となる方は、平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた女性となります。

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~(厚生労働省ホームページ)

 

長期療養のため接種対象期間に予防接種を受けることができなかった方へ

長期療養のため接種対象年齢内に予防接種を受けられなかった方へ

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になる場合は、AcrobatReader(無償配布)が必要です。お持ちでない方は、【Get ADOBE READER】アイコンをクリックしてインストールしてください。

この記事への問い合わせ

子育て健康課 母子保健係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁2階)

電話番号:0172-55-5826

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る