ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > くらし・手続き > 税金 > 納税 > 青森県市町村税滞納整理機構が設立されました

青森県市町村税滞納整理機構が設立されました

青森県市町村税滞納整理機構が設立されました。

青森県では、主に市町村税における収入未済額の縮減、徴収率の向上に向けて、県内市町村、県市町村総合事務組合および県が連携して、平成24年4月に『青森県市町村税滞納整理機構』を設立しました。
平川市は、納税の公平性の観点から、滞納整理機構に参加し、徴収強化に努めます。 

滞納整理機構とは

青森県市町村税滞納整理機構は滞納整理を専門に行う機関で、青森県市町村総合事務組合の職員および県からの派遣職員等で構成されます。

機構では参加市町村から移管された滞納者の滞納事案について、広範囲で徹底した財産調査を行い、換価できる財産を発見し、これらの財産を差し押さえ、公売することで市町村税を徴収します。
また、厳正な滞納処分によって滞納者の納税意識の高まりも期待できます。 

 

差押対象となるもの

土地、建物、給与、売掛金、自動車、電化製品、貴金属など
国税徴収法で認められたあらゆる財産

滞納整理機構への移管対象となる方

  • 督促、催告に応じない方
  • 個人住民税をはじめとした 市税 (法人市民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税など)を滞納し、納税の相談や連絡がない方
  • 滞納額が高額な方 など

 

お早めの市税の納付にご協力ください!

 

滞納税の縮減を目指して、滞納整理専門機関を設立します!(平成24年4月スタート)

税は住民の皆さんへの行政サービスを行うための大切な自主財源です。

しかし、市町村税の滞納額は年々増え続けており、税の公平性を確保する観点からも、収入未済額の縮減、徴収率の向上に取り組んでいくことが喫緊の課題となっています。

このため、市町村、県市町村総合事務組合および県が連携して、青森県共同ビル内(青森市)に平成24年4月『青森県市町村税滞納整理機構』を設立します。

 

同機構では、市町村から移管された滞納者の滞納事案について、徹底した財産調査を行い、換価できる財産を発見し、財産(動産・不動産・自動車・給与・預貯金・売掛金等)の差押え・公売といった滞納処分を速やかに実施していきます。

移管対象となる方

  • 督促、勧告に応じない方
  • 個人住民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税(料)等の市町村税を滞納し、納税の相談また連絡がない方
  • 滞納額が高額な方 など

 

機構に移管された後は、滞納整理機構が滞納整理の権限を持つことから、滞納者は市町村担当課への直接の納税ができないこととなりますので、早急に滞納している市町村税を納付していただくか、また、納税が困難なやむをえない事情がある場合には、お住まいの市町村の納税担当課に連絡してご相談ください。

 

差押え・公売された動産等の例

 

タイヤロックによる滞納処分の例

この記事への問い合わせ

税務課 収納係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁2階)

電話番号:0172-55-5884

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る