ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 高額医療 > 高額な治療を長期間続ける場合

高額な治療を長期間続ける場合

高額な治療を長い間続ける必要がある病気で、厚生労働大臣が定めるものについては、事前に申請することにより、特定疾病療養受療証が交付され、医療機関などの窓口での自己負担が一定額までとなります。

対象となる疾病
  1. 血友病
  2. 人工透析が必要な慢性腎不全
  3. 抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV)
自己負担限度額

1ヶ月の自己負担限度額(入院・外来は別)は次のとおりです。

特定疾病 自己負担限度額
血友病 1万円
人工透析が必要な慢性腎不全 70歳未満の上位所得者の方 2万円

70歳未満の上位所得者以外の方

70歳以上の方

1万円
抗ウィルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV) 1万円
手続きに必要なもの
  1. 特定疾病療養受療証交付申請書(医師の意見欄に記載のあるもの)
  2. 被保険者証
  3. 個人番号カードまたは通知カードと本人確認書類

特定疾病療養受領証交付申請書は、こちら(各種様式ダウンロード)からダウンロードできます。

受付場所

国保年金課国保係

尾上・碇ヶ関総合支所市民生活課市民係

葛川支所

この記事への問い合わせ

国保年金課 国保係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁2階)

電話番号:0172-44-1111(内線1251・1252・1257)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る