ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > しごと・産業 > 農林業 > 各種事業・補助事業 > 森林の伐採および伐採後の造林の届出制度

森林の伐採および伐採後の造林の届出制度

制度の概要

森林法では以下の届出が義務づけられています。 

森林の立木を伐採するとき

1.「伐採および伐採後の造林の届出書」

伐採後の造林が完了したとき

2.「伐採および伐採後の造林に係る森林の状況報告書」

届出の必要な森林

平川市森林整備計画の対象となっている森林が該当します。

(注)計画対象外の森林の場合は届出不要となります。

届出の対象者

森林所有者や立木を買い受けた者などです。 

(注)立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、共同で提出します。

届出の時期

1.「伐採および伐採後の造林の届出書」

伐採を始める90日前から30日前まで

2.「伐採および伐採後の造林に係る森林の状況報告書」

造林を完了した日から30日以内 

届出の様式

1.「伐採および伐採後の造林の届出書」

1.「伐採および伐採後の造林の届出書」エクセルファイル(51KB)

1.「伐採および伐採後の造林の届出書」記入例PDFファイル(219KB)

2.「伐採および伐採後の造林に係る森林の状況報告書」

2.「伐採および伐採後の造林に係る森林の状況報告書」エクセルファイル(42KB)

2.「伐採および伐採後の造林に係る森林の状況報告書」記入例PDFファイル(165KB)

この記事への問い合わせ

農林課 農林整備係

平川市猿賀南田15番地1(尾上総合支所1階)

電話番号:0172-44-1111(内線2161・2178)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る