ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > しごと・産業 > 農林業 > 各種事業・補助事業 > 担い手確保・経営強化支援事業の要望調査について

担い手確保・経営強化支援事業の要望調査について

事業内容

実質化された人・農地プランが作成されている地域において、農産物の輸出など意欲的な取組により経営の発展を図ろうとする担い手等が、融資を活用するなどして農業用機械を導入する際、助成金を交付する。

担い手確保・経営強化支援事業パンフレットPDFファイル(1006KB)

助成対象者

実質化された人・農地プランに位置づけられた中心経営体であって、かつ認定農業者、認定就農者等。

補助率・上限額

補助率:2分の1以内

上限額:法人3,000万円、法人以外1,500万円

成果目標について

助成対象者は、【必須目標】について数値目標を設定する必要があります。

また、必要に応じて、【選択目標】についても目標設定していただきます。

 

【必須目標】

(1)付加価値額の1割以上の拡大

 

【選択目標】

(2)経営面積の拡大、(3)農産物の価値向上、(4)農業経営の複合化

(5)農業経営の法人化、(6)青色申告の取組、(7)環境配慮の取組

(8)輸出の取組

※(2)~(8)に関する項目でポイントを算出した場合には、関連する選択目標の設定が必須となります。

留意事項

・本事業は、配分基準の項目ごとにポイントを付与し、獲得したポイントの合計が高い順に採択されま

 す。

 また、ポイントを獲得するためには根拠資料が必要となります。

 配分基準については、こちらPDFファイル(310KB)をご確認ください。

 

・導入を予定している機械について、災害等に備え、農機具共済(園芸施設共済)等に加入する必要が

 あります。

 

・既に所有している機械の単純更新および汎用性の高いもの(トラック、フォークリフト、バックホー

 倉庫等)については補助対象となりません。

 

・導入する機械が、経営規模に適していること(規模決定根拠)を証明する必要があります。

 また、同様の機械を既に所有している場合には、既存機械のスペックがわかる資料も必要となります。

 

・本事業を活用した場合には、成果目標について目標年度までの3年間、毎年度報告する必要がありま

 す。

 また、成果目標の達成状況によっては目標年度以降も報告が必要となります。

要望調査

事業の活用を希望される場合は、農林課生産振興係までご連絡ください。

日程を調整したうえで、ヒアリングを実施しますので、導入予定の機械等の見積り・カタログと直近の申告書・決算書のご用意をお願いします。

 

要望調査期間:令和4年11月25日(金)まで(土日祝日を除く)

この記事への問い合わせ

農林課 生産振興係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁3階)

電話番号:0172-55-5718

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る