ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 子育て・教育 > 子育て支援 > 手当・助成 > 児童手当

児童手当

児童手当

児童手当は、児童を養育している親等に手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

1.支給要件

中学校終了前の児童を養育する親等のうち、日本国内に居住しており、かつ児童の生計を維持する程度が高い方となります。ただし、下記の1から3に該当される方はこの限りではありません。
 

  1.  児童福祉施設等に入所している児童や里親に委託された児童については、施設の設置者または里親に支給されます。
  2.  離婚協議中により親が別居している場合、児童と同居している親に支給されます。
  3.  海外に居住している親が指定した方、および未成年後見人も支給される場合があります。

2.手当月額

0から3歳未満(一律) 15,000円
3歳から小学校終了前  第1子・第2子 10,000円
第3子以降 15,000円
中学生(一律) 10,000円

(注)

(1) 支給開始月は、原則として申請があった月の翌月からとなります。ただし、出生日や転出予定日の翌日から起算して15日以内の申請であれば、出生日や転出予定日の翌月から支給されます。
(2) 児童の数え方は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子どもの中で数えます。
(3) 平成24年6月分以降の手当から所得制限が設けられ、所得制限超過世帯には、当分の間の特例として、児童一人につき月額5,000円(一律)の手当が支給されます。

所得制限限度額表 

扶養親族等の数

所得額 収入額
0人

622万円

833万3,000円
1人

660万円

875万6,000円
2人

698万円

917万8,000円
3人

736万円

960万円
4人

774万円

1,002万1,000円
5人

812万円

1,042万1,000円

3.手当支給月

原則として、6月、10月、2月の7日(7日が土・日・祝日の場合はその前の平日)に前月分までを支給します。

4.申請手続きについて

平成24年3月までに、子ども手当の受給者として認定された方

児童手当の申請は必要ありません。
引続き児童手当の受給者となります。

平成23年10月以降の子ども手当の申請をまだされていない方

平成24年9月30日まで申請が必要となります。

子どもが生まれた方

出生日の翌日から起算して15日以内に申請が必要となります。

平川市に転入された方

前住所地より転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請が必要となります。

公務員の方は、勤務先に申請の手続きが必要です。

この記事への問い合わせ

子育て健康課 子ども支援係

平川市柏木町藤山16番地1(健康センター)

電話番号:0172-44-1111(内線1151・1152)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る