ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモーション > 市内の話題 > 令和元年7月の市内の話題

令和元年7月の市内の話題

7月31日 第9回東日本小学生選抜ソフトテニス大会準優勝報告

ソフトテニス表敬訪問
平川市スポーツ少年団に所属する水木洸さん(平賀東小6年)、松田拳弥さん(猿賀小6年)、松田隼弥さん(猿賀小6年)が14日に仙台市で行われた第9回東日本小学生選抜ソフトテニス大会に青森県代表チームとして出場し、見事準優勝に輝きました。この日、選手と小田桐真由美監督が長尾市長のもとを訪れ、大会の結果を報告しました。長尾市長は「優勝候補の東京都を破ったのは素晴らしい。優勝できなかったのは悔しいと思うが、この経験を糧に中学に進学してからも精進してほしい」と今後のさらなる活躍を期待しました。

7月31日 陸上競技全国大会出場者の市長表敬訪問

平川ジュニアアスリートサークルの田澤柊翔さん(松崎小5年)が6月23日に行われた第35回全国小学生陸上競技交流大会青森県選手選考会において5年男子100mの部第1位の成績を収めたため、全国大会および東日本大会に出場します。報告のため市役所に訪れた田澤さんは「全国大会に出るため一生懸命練習してきたので、入賞を目指したい」と健闘を誓いました。長尾市長は「あと少しで全国での入賞ラインである13秒5をクリアできるとのことで、期待している。ケガと体調管理に気を付けて頑張ってもらいたい」とエールを送りました。

陸上表敬訪問陸上表敬訪問

7月27日 盛美園でJAZZライブ

国指定名勝の盛美園でSWING HAT JAZZORCHESTRA による「盛美園 Roman Jazz Concert IV 」が行われました。訪れた人たちは美しい庭園に囲まれてゆったりとした雰囲気のなか、ジャズを楽しんでいました。

盛美園でJAZZライブ盛美園でJAZZライブ

7月27日 南八甲田体験ツアー

南八甲田高原見学&味覚堪能体験ツアーが開催されました。このツアーは、中南地域県民局の食育実践向上事業の一環として企画されたもので、市内外から約30 人が参加しました。大木平地区でのレタスの収穫体験、肉牛の牧場見学の後は、黒毛和牛の試食と地元の食材をふんだんに使用したハンバーガーの調理体験も行われ、地元の食材の味を満喫した参加者からはたくさんの「美味しい!」という声が上がっていました。

南八甲田体験ツアー南八甲田体験ツアー

7月26日 子ども議会

市議会議場において子ども議会が開催され、市内全9小学校の代表児童18名が子ども議員となり、住みよいまちづくりに向けたアイデアを発表しました。子ども議員は本番さながらの本会議の体験を通じて市政への関心を深めていました。

子ども議会子ども議会

7月20日 蓮の花まつり開幕

毎年恒例の「蓮の花まつり」が猿賀公園で開幕しました。この日行われた開会式では、金田小学校金管部による演奏や市内の保育園児による踊りなどが祭りに花を添えました。ハスの花はまだ咲きはじめで、これから8月にかけて見頃を迎える見通しです。まつりは28日まで行われ、チャンバラ合戦やミニ動物ランドなど親子で楽しめるイベントも予定されています。

蓮の花まつり蓮の花まつり蓮の花まつり蓮の花まつり

7月16日  平賀東・竹館SBC市長表敬訪問

平賀東・竹館SBC(ソフト・ボール・クラブ)が全国大会への出場を報告するため長尾市長を表敬訪問しました。同チームは、6月8、9日に十和田市で行われた県大会で見事優勝したため、全国大会へ出場することとなりました。平賀東SBCとしては全国大会に出場したことがありますが、合同チームとしては初の出場となります。長尾市長は「一回戦のチームは昨年負けているチームなので雪辱を果たしてほしい。監督、コーチの指導を聞き、リラックスして試合に臨めれば、良い成績が納められると思っている」とエールを送りました。

平賀東竹館SBC

7月16日  尾上JVC市長表敬訪問

尾上JVC(ジュニア・バレーボール・クラブ)女子チームが全国大会への出場を報告するため長尾市長を表敬訪問しました。同チームは、6月29日に青森市で行われた県大会で優勝を果たし、27年ぶりに全国大会への切符を手にしました。新人戦から負けなしで、今月行われた東北各県の代表チームが集まった大会でも優勝を果たしています。長尾市長は「皆さんの活躍を市民は喜んでいる。日頃の練習の成果を発揮し、チームワークをとりながら良い成績を収めてもらえたら」と激励の言葉を贈りました。

尾上JVC表敬訪問

 

7月13日 平川市スポーツデー

陸上競技場で「平川市スポーツデ―」が開催され、市内の学校やスポーツ団体、来賓ら延べ約1,000人が参加。津軽弁バージョンのラジオ体操で準備運動を行った後、りんご袋掛け競争や玉入れ競走、ボール転がしリレーなど12種目の競技が行われ、参加した選手たちは心地よい汗を流していました。また、午前中に行われたチャンバラ合戦には長尾市長も参戦し、子供たちと熱戦を繰り広げていました。

スポーツデ―1スポーツデ―

7月10日  第2回平川市超りんご会議

食産業振興センターで「りんごに関わる人を増やしたい」をテーマに、平川市超りんご会議が開かれました。会議には産官学の関係者約30人が参加し、市の基幹産業であるりんご産業の将来について話し合いました。有識者から「農協を中心とした産官学の取り組みの結果、就職先として農業にかかわる仕事を探している人も出てきた」「農業に興味はあるが、どうやって仕事を見つけたらよいか分からない人が多くいる」などといった話が紹介されると、活発な質疑応答が行われました。

りんご会議

7月5日 平賀保育園が一足早くねぷた運行!

平賀保育園のねぷた運行が行われました。この運行は50年以上の歴史がある恒例行事となっており、園児やご父兄のほか、卒園生や地域の方々なども参加し、約230人が保育園から平賀駅前までを練り歩きました。沿道には多くの観客が集まり、一足早い「ねぷた」を楽しんでいました。

平賀保育園ねぷた

 

7月4日 叙勲伝達式

菊池今朝男さん(小和森)が旭日単光章を受章されたことに伴い、菊池さん宅で伝達式が行われました。菊池さんは、平成3年11月から平成15年12月までの3期・12年間にわたり旧平賀町議会議員として地域の発展に寄与されました。長尾市長から顕彰状と勲章を手渡された菊池さんは「立派な勲章を頂くことができてありがたい」と述べました。
叙勲伝達式

7月1日 青森県小学生ソフトテニス選手権大会結果報告並びに全日本および東日本小学生ソフトテニス大会出場者の市長表敬訪問                                                                    

ソフトテニス競技の青森県大会で優秀な成績を収めた市内小学生が、その結果と、全日本小学生ソフトテニス選手権大会、東日本小学生選抜ソフトテニス大会への出場を報告するため、市長を表敬訪問しました。県の代表メンバーの多くを平川市の選手が占めていて、代表を引っ張っていく役割が期待されているそうです。市長は「全日本大会、東日本大会での活躍と、良い結果の報告を期待しています」と述べ、選手たちを激励しました。

この記事への問い合わせ

総務課 広報広聴係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁3階)

電話番号:0172-44-1111(内線1353)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る