ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモーション > 報道発表資料 > 新型コロナウイルス感染症関連補正予算について

新型コロナウイルス感染症関連補正予算について

第4回平川市議会定例会に提案する平川市一般会計補正予算(第11号)における、新型コロナウイルス感染症に係る緊急支援事業についてお知らせします。

平川市内飲食店等緊急支援金

1.事業目的

新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げが落ち込んだ飲食店等の現状を踏まえ、継続支援金と家賃や光熱水費の一部を支給する。

2.対象

市内飲食店、タクシー業者、運転代行業者

3.補助要件

令和2年10月と11月のいずれか1か月の売上が、前年同月比で50%以上減少、または令和2年10月と11月の売上の合計が前年同期比で30%以上減少していること

4.補助金額

(1)飲食店

  • 継続支援金 30千円(定額)
  • 光熱水費  10千円(定額)
  • 店舗家賃 10月と11月に支払った額の3分の1

〔補助金上限〕減収金額または100千円のいずれか低い金額

 

(2)タクシー、運転代行業者

  • 継続支援金 30千円(定額)
  • 事業用車両固定経費 10千円×台数

〔補助金上限〕減収金額または80千円のいずれか低い金額

5.事業費(補正予算額)

7,400千円

平川市内事業者事業継続応援補助金

1.事業目的

新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げが落ち込んだ事業者にとって、withコロナ・アフターコロナの取組みに要する経費が大きな負担となっている現状を踏まえ、売上回復に向けた取組みや販路開拓、新商品・新サービスの開発などを支援するための補助金を交付する。

2.補助対象者

市内に本社または主たる事業所を置く事業者

3.補助対象事業

  • 売上回復のための新たな取組み
  • 販路開拓のための新たな取組み
  • 新商品・新サービスの開発

4.補助対象期間

令和2年5月14日から令和3年3月31日

5.補助対象経費

対象経費は以下のとおりとするが、 通常発生する経費や消耗品、設備等の単なる更新に係る経費等は対象外とする。

経費区分 内訳

広告宣伝費

宣伝広告に要する経費

印刷製本費

チラシ、パンフレット、カタログ等の制作に要する経

報償費 外部専門家、アドバイザーに対する謝金
委託費

デザイン、Webページ作成、清掃費等外部に委託する

経費
備品購入費 設備、機械器具、什器備品等に要する経費
工事請負費 サービスの向上を目的とした店舗・施設の改装・改修工事に要する経費
その他

上記以外で市長が特に必要と認める経費

補助金額

補助率4分の3

【上限額】

  • 個人事業主及び法人(従業員10人未満) 300千円
  • 法人(従業員10人以上) 500千円

補助要件

令和2年4月から9月までの6か月間の売り上げが、前年同期比で下表のとおり減少していること。

種類 条件

個人事業主及び法人

(従業員数10人未満)
600千円以上
法人(従業員数10人以上) 3,000千円以上
創業1年に満たない場合 創業1年未満の場合は、申請月直近のひと月の収入が、事業開始から申請前月までの平均収入から3割以上減少していること。

8.事業費(補正予算額)

40,086千円

この記事への問い合わせ

企画財政課

平川市柏木町藤山25番地6(本庁4階)

電話番号:0172-44-1111

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る