ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > くらし・手続き > 相談 > お知らせ・注意喚起 > 除雪機の作動時には細心の注意を!

除雪機の作動時には細心の注意を!

除雪機に関する事故やヒヤリハット体験は、降雪シーズンの初め頃から中頃にかけて多く発生する傾向にあります。

除雪機の事故は、平成29年11月から平成30年3月までの5ヶ月間で90件発生しており、この事故によって8人が亡くなっています。

これから降積雪期が本格化するにあたり、除雪機を購入される方や使用される方は、事故に十分ご注意ください。

除雪機による事故を防止するために

定期点検を行い、安全装置が正常に動作するか確認する

除雪機は、今シーズンの使用前に定期点検を行いましょう。特に安全装置の動作確認を行い、故障などにより正常に機能しない場合には、絶対に使用しないようにしましょう。

デッドマンクラッチを無効化しない

デッドマンクラッチは、ハンドルのクラッチレバーから手を離すと機械が止まる装置です。除雪機の主要な安全装置ですが、クラッチレバーをひもで固定するなどして、安全装置を動作しない状態にして使用すると、転倒などの際に除雪機が停止せず、除雪機に巻き込まれたり、ひかれたりする事故が起こる恐れがあります。デッドマンクラッチを無効化することはやめましょう。

エンジンをかけたまま、投雪口に手を突っ込まない

投雪口に詰まった雪を取り除く場合、エンジンをかけたままだと、雪の詰まりが解消されたと同時に再度回転を始め、指を切断するおそれがあります。必ずエンジンを停止してから鍵を抜き、雪かき棒を使用して雪を取り除きましょう。

除雪中だけでなく、移動中(特に後進時)に注意

除雪機を移動する際にも、後進時に障害物につまづいて転倒して除雪機にひかれたり、巻き込まれたりする恐れがあります。

 

 

危ない!!デッドマンクラッチの固定PDFファイル(193KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

この記事への問い合わせ

商工観光課 商工係

平川市猿賀南田15番地1(尾上総合支所1階)

電話番号:0172-44-1111(内線2182)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る