ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモーション > 市内の話題 > 平成31年2月の市内の話題

平成31年2月の市内の話題

2月25日 西地区まちづくり委員会活動報告

西地区まちづくり委員会活動報告
2月25日、昨年5月に県内初の地域運営組織として設立された「西地区まちづくり委員会」が活動報告のため長尾市長を訪ねました。同委員会は松崎小学校区の6町会の関係者ら24人で構成されます。今年度はまちづくりアンケートの実施や、行政文書の配布、松崎河川広場の清掃、こども110番の看板設置などを行ったほか、コミュニティバスについて検討した結果、将来的にはNPO法人化を目指す意向と相馬孝委員長から報告がありました。これに対し長尾市長は「各町会では課題が多い。地域のことは地域で解決ができるよう、皆さんの活動がモデルとなり波及してくれたらうれしい。市としてどのような支援ができるのか引き続き検討していく」と話しました。

2月25日  おもてなしアワード2018おもてなし達人賞受賞報告 

市内各地でイベントを開催しているボランティア団体「Asobo!Hirakawa」が、地域の魅力を活かした観光地域づくりの取り組みが評価され、県が主催する「おもてなしアワード2018」でおもてなし達人賞を受賞しました。代表の一戸健児さんは「平川市を活性化させるために活動している。これからも平川市を楽しく、面白くできるよう取り組んでいきたい」と語りました。

おもてなしアワード受賞報告おもてなしアワード受賞報告

2月20日 平賀東小学校新校舎完成記念コンサート

平賀東小学校で新校舎完成を記念した横笛コンサートが開かれました。平川市出身の津軽笛奏者佐藤ぶん太、さんが優美な音色を奏で、完成を祝いました。佐藤さんから横笛を習っている5、6年生による演奏も行われ、練習の成果を披露しました。コンサートの後は、地域住民らを対象とした見学会も行われました。

東小完成記念コンサート東小完成記念コンサート

2月19日 台湾・台中市ランタンフェスティバル

平川市が友好交流協定を結んでいる台湾・台中市でランタンフェスティバルが開催されました。ランタンフェスティバルは、台湾内外から多くの方が訪れる一大イベントです。2月19日には平川市をPRするため、長尾市長と平川女子囃子組が参加しました。会場は多くの人々で賑わっており、ステージイベントは大変な盛り上がりで、女子囃子組の演奏には大きな歓声があがっていました。ねぷたの展示も行い、多くの方が写真撮影するなど現地での関心の高さが伺えました。また、会場内ではねぷたを模したミニランタンを3,000個配布しました。配布の数時間前から長蛇の列ができるほどの人気で、受け取った方はとても喜んでいる様子でした。

台中ランタンフェスティバル台中ランタンフェスティバル

台中ランタンフェスティバル台中ランタンフェスティバル

台中ランタンフェスティバル台中ランタンフェスティバル

 

2月17日 浜松市でリンゴのトップセールスを行いました

平川市の知名度向上と特産品であるリンゴの販路拡大のため、静岡県浜松市においてトップセールスを実施しました。浜松シティマラソンでは参加者約8,200人に対してリンゴを無料配布しました。その場でまるかじりし、栄養補給するランナーの姿も多く見られました。また、各部門の優勝者には箱入りのリンゴがプレゼントされました。また、遠鉄ストアではリンゴの試食宣伝販売が行われ、長尾市長においしいリンゴの見分け方を聞かれる方や市長が選んだリンゴを購入する方も多くいました。さらに、シティプロモーション用の名刺や缶バッチを配布し、市のPRも行いました。

浜松トップセールス浜松トップセールス

2月13日 冬の農業PRといちごの新品種「よつぼし」の出荷報告

平川市のいちご農家松田清教さんが市役所を訪れ、冬の農業のPRと新品種「よつぼし」の出荷報告を行いました。松田さんは平成21年に美容師を辞め就農、平成27年からは冬のハウスでのいちご栽培を始めました。よつぼしは種から育てることができて植え付けが簡単なうえに、病気にも強く、香りや甘みが強いのが特徴で、糖度は平均15度ほどあるそうです。弘前中央青果株式会社によると、よつぼしの生産者は全国的にも数えるほどとのことで、長尾市長は「おいしい。よつぼしだけど(味は)五つ星だ。松田さんに続く人が出てきてくれれば、冬いちごの生産が、冬場の雇用を生み出し、通年雇用にもつながるとうれしい。」と今後の活躍に期待を込めました。

よつぼし生産者報告

2月3日 雪と子どもたち

文化センターで「第13回 雪と子どもたち」が開催され、市内の子ども会などから親子連れ約80人が参加しました。子どもたちは、ビーチフラッグの雪上版である「スノーフラッグ」や「そり引き競争」、「ペットボトル倒し」や「雪合戦」などを行い、冬ならではの遊びを存分に楽しみました。

雪とこどもたち

2月1日 平賀はしご酒まつり

平賀地区で毎年恒例の「平賀はしご酒まつり」が行われました。まつりは地域の活性化を目的にこの時期に開催されており、今回で32回目を数えます。田本実行委員長らの鏡開きで開会を宣言すると、市内外から訪れた約860人の参加者は、指定された4店舗を仲間とともはしごし、最後には豪華賞品が当たる抽選会に参加して楽しい時間を過ごしていました。

平賀はしご酒まつり平賀はしご酒まつり

 

過去の話題はこちら

この記事への問い合わせ

総務課 広報広聴係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁3階)

電話番号:0172-44-1111(内線1353)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る