ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモーション > 市内の話題 > 令和4年6月の市内の話題

令和4年6月の市内の話題

25日 「世界一の扇ねぷた」の絵貼り作業が行われました

世界一の扇ねぷたの絵貼りが行われました
25日と26日の2日間、高さ12メートル、幅9.2メートルを誇る「世界一の扇ねぷた」の新しい絵への更新作業が行われました。鏡絵は「武勇、三浦佐助、東野添にて藤堂外記を討つ」で、今年も西谷昇仙さんが手がけ、新型コロナウイルスの収束と市民の無病息災、経済の回復を祈り、平川市民を元気づけるよう、描かれました。

11日 浴衣レンタルモニターが行われました

11日、浴衣を着て猿賀公園と盛美園を散策する体験会が行われました。この体験会は、平川市観光協会が蓮の花まつりで予定している浴衣レンタルの開始に向けて行った実証実験です。
呼びかけで集まった高校生から社会人までの女性8名が参加し、初夏の猿賀公園といった和のロケーションを和装で散策して楽しんでいました。

11日 町居保育園ミニトマト収穫体験

6月11日、町居保育園の園児がミニトマトの収穫体験を行いました。この体験は、昨年に引き続き町居地区のhiromasa農園(代表:奈良拓昌さん)で行われました。
園児たちは、収穫の仕方を教えてもらうと、真っ赤なミニトマトを優しくもぎ取り「家族に食べさせたい」「いっぱい取れて嬉しい」など歓声を上げながら、持ち帰り用のパックいっぱいに収穫していました。

3日 令和4年度ユース議会がスタート

6月3日、若者が地域の課題を話し合って、まちづくり政策を立案する令和4年度の平川市ユース議会がスタートしました。
高校生や大学生、社会人の合わせて13名が参加し、市の魅力や課題を探るべく意見を交わしました。
長尾市長は「より住みよいまちにするため、様々なアイデアを出し合って欲しい」とメンバーを激励しました。

 

過去の話題はこちら

この記事への問い合わせ

政策推進課 広報広聴係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁3階)

電話番号:0172-55-5737

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る