ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモーション > 市内の話題 > 令和2年7月の市内の話題

令和2年7月の市内の話題

7月29日 「おていちゃん」が市長を表敬訪問しました

碇ヶ関小学校と矢立小学校の交流会
演劇集団「夢ぶたい」の名物キャラクター「おていちゃん」が平川市を応援しPRする動画「おていちゃん三姉妹ひらかわ観光地めぐり」が完成し、おていちゃん三姉妹を演じた「夢ぶたい」の斎藤会長、タレントの中島美華さん、AOMORI花嵐桜組の小野郁子代表ら、関係者が長尾市長を表敬訪問しました。動画を視聴した長尾市長は「市民だけでなく、日本中が元気になるような動画で、市をPRしていただきありがたい」と感謝を述べました。

7月17日 博愛号配置式

日本赤十字社青森県支部により、災害時の避難者の輸送や物資の運搬に活用される赤十字救援車「博愛号」が配置され、配置式が行われました。青森県支部の工藤副支部長からレプリカキーを受け取った長尾市長は「地域での赤十字活動や災害発生時に活用していきたい」と述べました。

7月17日 碇ヶ関小学校と矢立小学校の交流会

7月17日、平川市立碇ヶ関小学校と大館市立矢立小学校(秋田県)の3・4年生の生徒が交流会を行いました。この交流会は平成15年から毎年行われてきましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、オンライン形式での実施となりました。生徒たちは地域の特産品や文化について、ときにはクイズも織り交ぜながら発表し、交流を深めました。最後に代表してあいさつをした4年生の生徒は「発表の最初は緊張したけど楽しかった。交流会ができてよかったです」と笑顔で述べました。

7月16日猿賀公園を舞台に謎解きイベントを開催

猿賀公園を舞台とした謎解きイベント「謎解きは公園の中で2 謎の桜」が18日からスタートするのに先駆けて、7月16日にリハーサルを兼ねた体験会が開かれました。参加者は手渡された専用のキットを手に、熱心に謎を解いていました。イベントへの参加はふるさとセンター1階にある平川市観光協会で受け付けています。

7月16日 100歳記念顕彰状贈呈式

7月16日、小野テルさん、福士愛子さん、小野キミさんがめでたく100歳を迎えられ、特別養護老人ホーム緑青園で顕彰状の贈呈式が行われました。式では、長尾市長が「これからもますます元気に長生きをしてほしい」とお祝いの言葉を述べ、顕彰状と記念品を手渡しました。

7月14日 マイナンバーカード申請の出張受付(平賀保育園)

市ではマイナンバーカードの普及促進のため、マイナンバーカード申請の出張受付を開始しました。初日となる14日は平賀保育園にて申請受付が行われ、職員22名が申請をしました。申請した職員は「今までカードの申請をするかどうか迷っていたが、意外と簡単にできてよかった」と話していました。市では、申請から交付まで1か月程度かかってしまうため、早めの申請を呼び掛けています。

 

7月13日 おばあちゃんの味記録事業

7月13日、「おばあちゃんの味記録事業」に応募した成田章子さん(李平)のお宅でレシピの記録が行われました。「おばあちゃんの味記録事業」は昔ながらの地元料理や家庭料理について、次世代に継承することを目的に市が行っているもので、おばあちゃんの味を募って実際に調理する様子を市が写真などで記録、最終的には各家庭でも簡単に作れるようレシピ集を作成・公開する予定です。この日は、成田さんが「ふきの佃煮」と「えんどう豆のねりごみ風」の2品を実際に作り、担当者がカメラやビデオに収めていました。今年の6月からは自宅で料理を教えているという成田さんは「若いころから料理が好きだった。ぜひ、若い人たちに作って食べてほしい」と笑顔で話されました。
おばあちゃんの味記録事業えんどう豆のねりごみ風

 

7月7日 書の寄附贈呈

7月7日、平川市立猿賀小学校の改築を記念して、書家の成田仁山様より書の作品が寄附されました。今から2500年~3000年前の経典「詩経」にある言葉で、「思無邪」と書かれたこの作品は「思いによこしまがなし」と読み、心が素直で邪悪な考えがないことを意味します。長尾市長は、「平川市の将来を背負って立つ子どもたちには、この書に書かれているようにまっすぐ素直に育ってほしい。また、このような作品をいただくことは子どもたちの思い出作りにもなる」と感謝の言葉を述べました。

7月6日 寄附贈呈式

第一生命保険株式会社青森支社 弘前ブロック様より新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた支援として、消毒用のアルコールジェル30本が寄附されました。古川副市長は「国や県でも徐々にイベントなどの開催が緩和されてきており、当市も文化センターやひらかわドリームアリーナといった施設の利用を再開している。いただいたアルコールジェルはこれらの施設に設置し、感染症対策を徹底していきたい」と感謝の言葉を述べました。

アルコールジェル寄附贈呈

7月1日 寄附贈呈式

弘南鉄道平賀駅前の事業者で組織されている「ふれあいタウンひらか」様より、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのマスク1,000枚が寄附されました。この日は市役所本庁舎で贈呈式が行われ、来庁した会計担当の葛西さんから目録が手渡されました。長尾市長からは感謝状が贈られ、「新型コロナウイルス感染症の第2波に備えた備蓄とさせていただく。首都圏などでは再び増加傾向にあるようなので、万全の体制をとりたい」と述べました。

 

過去の話題はこちら

この記事への問い合わせ

総務課 広報広聴係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁3階)

電話番号:0172-44-1111(内線1353)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る