ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > はり・きゅう、あん摩・マッサージ・指圧の施術を受けるとき

はり・きゅう、あん摩・マッサージ・指圧の施術を受けるとき

 はり・きゅう、あん摩・マッサージ・指圧の施術について、一定の要件を満たす場合は健康保険の対象となります。健康保険の対象とならない場合は、全額自己負担となります。

健康保険の対象となるとき

医師が施術について同意しているとき
  1. 医療機関の保険医の診察を受け、同意書(文書)の交付を受ける必要があります。
  2. 6か月(変形徒手矯正術は1か月)を超えて引き続き施術が必要な場合は、再同意書(文書)の交付が必要です。
対象となる症状、疾病

1.はり・きゅう施術
 神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症
(注)神経痛・リウマチなどと同等の慢性的な痛みを主な症状とするものについて認められる場合があります。

2.あん摩・マッサージ・指圧施術
 筋麻痺、筋委縮、関節拘縮など
(注)可動域の拡大など、症状の改善を目的としている場合に限ります。

健康保険の対象とならないとき

次のようなときは、全額自己負担となります。

  1. 医師が施術について同意していないとき
  2. 疲労回復・慰安・予防を目的とするとき
  3. はり・きゅうの対象疾病であっても、同時に同じ疾病の治療を医療機関で行っているとき(薬や湿布を処方された場合を含む)
  4. あん摩・マッサージ・指圧の対象疾病であっても、同じ疾病により、医療機関で医療上のマッサージを行っているとき
  5. 仕事中や通勤中の負傷のとき(労災保険の対象)
  6. 交通事故による負傷のとき(平川市国保に届出が必要

注意事項

1.定期的に医師の同意が必要です

 健康保険を使って継続して施術を受けるには、6か月ごとに文書による同意が必要です。

2.療養費支給申請書の内容を確認したうえで、必ず記入・押印してください

 療養費支給申請書は、施術を受けた方が施術費用の一部を平川市国保に請求し、支払いを受けるために必要な書類です。

 療養費支給申請書には、傷病名・日数・金額などが記載されていますので、よく確認したうえで、ご自身で記入・押印願います。

3.領収書は必ずもらいましょう

 領収書は医療費控除を受ける際に必要となりますので、大切に保管してください。

 

(注)はり・きゅう、あん摩・マッサージ・指圧の施術に係る療養費の支払方法(受療委任制度)については、こちらのページをご覧ください。

この記事への問い合わせ

国保年金課 国保係

平川市柏木町藤山25番地6(本庁2階)

電話番号:0172-44-1111(内線1251・1252・1257)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る