ナビゲーションスキップメニュー
現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 予防接種・検診(健診) > 子宮頸がんワクチン接種を自費で受けた方へ費用助成を行います

子宮頸がんワクチン接種を自費で受けた方へ費用助成を行います

定期接種の機会を逃した方へ、今年度に限り助成を行います。

 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は、平成25年4月から12歳~16歳の女子を対象に定期接種(接種費用は公費負担)となりました。しかしその直後から、国の勧告により積極的な勧奨が差し控えられてきましたが、令和3年11月、国はHPVワクチンの安全性に特段の懸念は認められないとして、積極的勧奨の再開を決定しました。
 これまでの積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃してしまい、定期接種の対象年齢を過ぎてHPVワクチンを自費で接種した方がいることから、こうした方に対し接種費用の一部を助成します。

 

 1.対象者等  【令和4年3月31日までに接種した方】 

         ・令和4年4月1日時点で平川市に住所を置く17歳から25歳の女性

           (平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの方)

         ・17歳となった時から令和4年3月31日までにHPVワクチンを自費で接種した方

          ※令和3年度平川市子宮頸がんワクチン接種キャッチアップ事業に申請し、交付を

           受けた方は除きます

 

        【令和4年4月1日以降に接種した方】

         ・令和4年4月1日時点で平川市に住所を置く16歳から25歳の女性

           (平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの方)

         ・令和4年4月1日以降に接種し、医療機関の窓口で接種費用を負担した方

 

 2.助成額等  【令和4年3月31日までに接種した方】

         ・1回の接種につき、上限16,753円(税込み)を助成

         ・最大3回接種分まで

 

        【令和4年4月1日以降に接種した方】

         ・1回の接種につき、上限16,775円(税込み)を助成

         ・最大3回接種分まで

 

 3.申請書類   

         (1)申請書PDFファイル(170KB)

         (2)接種費用を支払ったことを確認できる書類(領収書など)

         (3)接種記録を確認できる書類(母子健康手帳、予防接種済証など)

          ※(3)の書類がない場合は、こちらの証明書PDFファイル(69KB)で替えることができます

           ただし、接種した医療機関に必要事項を記入してもらう必要があります

 

 4.申請期限   令和5年3月31日まで

 

 5.申請先    健康センター内 子育て健康課(平川市柏木町藤山16番地1)

 

 6.助成方法   助成金は、申請時に指定した金融機関の口座へ振り込みます

この記事への問い合わせ

子育て健康課 母子保健係

平川市柏木町藤山16番地1(健康センター)

電話番号:0172-44-1111(内線1143・1144)

この記事をSNSでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • Google+でシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークでシェアする

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ

ホームへ戻る