○平川市スポーツ大会参加に関する補助金交付要綱

平成28年3月23日

教育委員会告示第11号

平川市スポーツ大会参加に関する補助金交付要綱(平成18年平川市教育委員会告示第6号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 市は市内在住の小・中学生のスポーツ活動及びスポーツ少年団活動の振興を図るため、各種競技大会(平川市学校教育振興会補助金交付要綱対象者を除く。)に出場する選手に対し、派遣する事業に要する経費について、当該年度の予算範囲内において、平川市スポーツ大会参加に関する補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付については、平川市補助金等の交付要綱に関する規則(平成18年平川市規則第53号。以下「規則」という。)に定めるほか、この告示に定めるところによる。

(補助対象基準及び補助金の額)

第2条 補助金の交付を受けることが出来る補助対象者は、予選並びに予選に準ずる大会で優秀な成績を収め、又は県小・中学校体育連盟及び各競技団体等から選抜され、全国大会及び東北大会等大会への参加資格を得た小・中学生の個人、若しくはスポーツ少年団体等(大会要項で定められた補欠選手及び監督等を含む)とする。ただし、出場選手が10名以上の場合で安全上引率者が必要と認められるときは、補助対象者に引率者1名を追加することができる。

2 補助対象となる競技種目は、国民体育大会の正式競技及び公開競技である競技種目並びに日本体育協会に加盟している団体等、又は各種競技連盟、スポーツ協会が主催し、若しくは共催する競技種目のほか、市長が適当と認める競技会とする。

3 補助対象地域、補助金の上限額及び補助対象者数は別表のとおりとする。

(補助の対象となる経費)

第3条 補助の対象となる経費は、参加料、交通費、宿泊費とする。ただし、交通費及び宿泊費は、監督会議、開会式、事前練習等を目的とする場合は認めない。

2 他団体等より助成がある場合は、その金額を収入に計上するものとする。

(補助金の申請手続等)

第4条 補助金の申請を行う補助対象者は、大会参加者名簿、大会開催要項、大会予選結果又は参加資格を得た経緯を確認できる資料を教育委員会保健体育課に提出し、内容を審査し交付を決定する。

2 交付を受けた補助対象者は、大会終了後速やかに実績報告書、領収書類を提出し、精算を行うものとする。

第5条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は教育委員会が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条第3項関係)

補助対象地域区分

(総務省統計局地域区分)

補助金の上限額

(1名当たり)

補助対象者数

東北(岩手、秋田)

5,000円

20名以内

東北(宮城、山形、福島、)北海道

北関東、南関東、甲信、北陸、東海

10,000円

近畿、中国、四国、九州

20,000円

平川市スポーツ大会参加に関する補助金交付要綱

平成28年3月23日 教育委員会告示第11号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会/第1節
沿革情報
平成28年3月23日 教育委員会告示第11号