○平川市文化センター条例施行規則

平成18年1月1日

教育委員会規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、平川市文化センター条例(平成18年平川市条例第82号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 平川市文化センター(以下「文化センター」という。)に館長を置き、次の職員を置くことができる。

(1) 館長補佐

(2) 主幹

(3) 係長

(4) 主任主査

(5) 主査

(6) 主事

(7) その他の職員

(職員の職務)

第3条 館長は、平川市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)の命を受け、文化センターの事務を掌理し、所属の職員を指揮監督する。

2 館長補佐は、上司の命を受け、文化センターの事務を掌理し館長の職務を補佐する。

3 主幹は、上司の命を受け、特定の事務を掌理する。

4 係長は、上司の命を受け、係の事務を掌理する。

5 主任主査は、上司の命を受け、困難な専門的事務を掌理する。

6 主査は、上司の命を受け、重要な事務を掌理する。

7 主事は、上司の命を受け、事務に従事する。

8 その他の職員は、上司の命を受け、その他の業務に従事する。

(使用時間)

第4条 文化センターの使用時間は、午前9時から午後10時までとする。

2 前項の使用時間には、準備及び原状に復する時間を含むものとする。

(休館日)

第5条 文化センターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 月曜日(この日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その日の直後の火曜日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

2 前項の規定にかかわらず教育長は、特に必要があると認めたときは、臨時に休館し、又は開館することができる。

(使用申込み及び使用許可)

第6条 文化センターを使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ文化センター使用許可申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を使用期日の6箇月から14日前までに、館長を経て教育長に提出しなければならない。

2 教育長は、文化センターの使用を許可したときは、申請者に対して文化センター使用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付する。

(特別の設備の申請及び使用許可)

第7条 条例第16条の規定により、特別の設備を設け、又は特殊な物品を使用しようとするときは、文化センター特別設備許可申請書(様式第3号。以下「特別設備許可申請書」という。)を館長を経て教育長に提出しなければならない。この場合、前条第1項による申請書にその旨を記載し、併せて提出しなければならない。

2 教育長は、前項の申請を許可したときは、前条第2項による許可書に必要事項を記載し、これを交付する。

(使用許可事項の変更等の承認申請及び許可)

第8条 条例第13条の規定により、使用許可事項の変更又は使用許可の取消しを受けようとする者は、文化センター使用許可事項変更・取消し承認申請書(様式第4号。以下「変更・取消し申請書」という。)に許可書を添えて、使用の日の7日前までに館長を経て教育長に提出しなければならない。

2 教育長は、文化センターの運営に支障がないと認め許可したときは、文化センター使用許可事項変更・取消し許可書(様式第5号。以下「変更・取消し許可書」という。)を申請者に交付する。

(使用許可の取消し等)

第9条 教育長は、条例第12条の規定により使用許可を取消し、又は使用を停止させる場合は、理由を付して使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)に文化センター使用許可取消し・使用停止通知書(様式第6号)により通知する。

(附属設備等使用料)

第10条 条例第9条第2項の規定による附属設備及び器具類の使用料は、別表のとおりとする。

(使用料の還付)

第11条 条例第11条ただし書の規定による使用料の還付基準は、次のとおりとする。

(1) 使用者の責任に帰することができない場合 使用料の全額

(2) 使用日の30日前までに条例第12条第1項の規定による使用許可を取り消されたとき、又は条例第13条の規定による使用許可の取消し承認を受けた場合 使用料の全額

(3) 使用日の7日前までに条例第12条第1項の規定による使用許可を取り消されたとき、又は条例第13条の規定による使用許可の取消し承認を受けた場合 使用料の5割

2 前項の理由以外による使用料の還付については、教育委員会が別に定める。

3 前2項の規定により使用料の還付を受けようとする者は、速やかに教育長に文化センター使用料還付申請書(様式第7号)により申請しなければならない。

(使用料の減免)

第12条 条例第14条の規定により減額し、又は免除する使用料の額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。ただし、第1号を除き、興行その他営利等を目的として使用する場合及び入場料、会費等を徴収する場合は、減額し、又は免除しない。

(1) 市又は市の教育委員会が主催する行事に使用する場合 使用料の全額

(2) 前号に掲げるもののほか、使用料の減免については、教育長が別に定める。

2 前項の規定により使用料の減免を受けようとする者は、文化センター使用料減免申請書(様式第8号)を教育長に提出しなければならない。この場合、第6条第1項による申請書と併せて提出しなければならない。

(汚損、又は紛失の届出)

第13条 使用者が施設、附属設備、器具類を汚損し、又は紛失したときは、教育長に届出しなければならない。

(点検)

第14条 使用者は、条例第18条第1項の規定により原状を回復したときは、職員の点検を受けなければならない。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、文化センターの運営に関し必要な事項は、教育長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の平賀町文化センター管理運営規則(平成6年平賀町教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年4月26日教委規則第42号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月17日教委規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後のそれぞれの規則の規定は、この規則の施行の日(以下「施行日」という。)以後に行う施設の使用に係る使用料で施行日以後に納付するものについて適用し、施行日前に行った施設の使用に係る使用料で施行日前又は施行日以後に納付するもの及び施行日以後に行う施設の使用に係る使用料で施行日前に納付するものについては、なお従前の例による。

別表(第10条関係)

附属設備及び器具類使用料

区分

名称

単位

1回につき金額

(円)

備考

舞台関係

音響反射板

1式

5,250

 

平台

1台

100

3×6(11)4×6(6)

演台

1式

320

3点セット

司会台

1台

210

 

指揮台

1台

320

 

譜面台

1台

210

 

毛せん

1枚

320

 

地絣

1枚

1,470

 

長座布団

1枚

320

 

上敷ゴザ

1枚

100

 

長机

1基

100

 

椅子

1脚

50

 

箱足・開き足

1組

150

 

雪かご

1式

520

 

金屏風

1双

1,570

 

国旗・市旗・旗パネル

1枚

100

 

プログラムスタンド

1基

100

 

木支木

1本

50

 

人形台

1台

50

 

姿見

1台

210

移動用2台

黒板

1枚

210

 

スクリーン

1式

2,620

 

松羽目

1枚

1,370

 

ジョーゼット

1式

1,370

 

音響関係

拡声装置

1式

1,570

 

コンデンサマイクロホン

1本

840

(A)4本 (B)2本

ダイナミックマイクロホン

1本

520

(A)6本 (B)4本

ワイヤレスマイクロホン

1本

1,050

8本 タイピン6本

カセットデッキ

1台

730

 

ビデオデッキ

1台

730

 

レコードプレーヤー

1台

730

 

CDプレーヤー

1台

730

 

DVDプレーヤー

1台

730

 

液晶プロジェクター

1台

2,160

 

はねかえりスピーカー

1台

420

 

ステージスピーカー

1台

520

 

サブミキサー

1台

1,050

 

持ち込み器具

1Kw

150

 

DATテープデッキ

1台

730

 

三点吊マイク装置

1式

1,570

 

ミニディスクレコーダー

1台

730

 

照明関係

ロアーホリゾントライト

1列

730

 

アッパーホリゾントライト

1列

730

 

ボーダーライト

1列

730

 

サスペンションライト

1列

1,050

 

フロントサイドライト

1組

1,050

 

シーリングライト

1式

2,620

 

センターピンスポットライト

1台

1,570

 

スポットライト

1台

210

 

ミラーボール

1台

730

 

カラーフィルター

1枚

実費

 

エフェクト各種

1台

320

 

コード類

1式

520

 

その他

ピアノA(フルコン)

1台

9,430

スタインウェイ(調律料含まず。)

ピアノB(フルコン)

1台

3,150

ヤマハ(調律料含まず。)

浴室

1回

730

 

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

平川市文化センター条例施行規則

平成18年1月1日 教育委員会規則第21号

(平成26年4月1日施行)