行政改革(指定管理者制度とは)

行政改革(指定管理者制度とは)

2013年9月4日

指定管理者制度とはどのような制度か教えてください。

指定管理者制度とは、地方自治法の一部が改正され(平成15年6月13日公布、同年9月2日施行)、管理委託制度に替わって導入された制度です。
 「指定管理者制度」は、多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに、経費の削減等を図ることを目的としています。
 地方公共団体の出資法人、公共団体、公共的団体が管理受託者として公の施設の管理を行っていた従来の「管理委託制度」を改め、地方公共団体の指定を受けた者が「指定管理者」として管理を代行するもので、指定管理者の範囲として特段の制約を設けず、民間事業者も含め、広く門戸を広げることになりました。

お問い合わせ

管財課
管財係
電話:0172-44-1111
ファクシミリ:0172-44-8619