国民年金(年金を受給するための条件)

国民年金(年金を受給するための条件)

2017年8月1日

年金を受給するための条件はありますか。

老齢基礎年金を受給するためには、原則として、保険料納付済期間と保険料免除期間および合算対象期間を合わせた受給資格期間が10年(120月)以上あることが必要です。
合算対象期間は、受給資格期間に含まれますが、受け取る年金額には反映されません。

具体的には、以下のようなものがあります。
1.昭和61年3月以前に国民年金に任意加入できる人が任意加入しなかった期間
2.平成3年3月以前に学生であるため国民年金に任意加入しなかった期間
3.昭和36年4月以降で海外に住んでいた期間
 ※いずれも20歳以上60歳未満の期間

このほかにも対象となる期間がありますので、詳しくは、弘前年金事務所(0172-27-1339)へお問い合わせください。

お問い合わせ

国保年金課
年金係
電話:0172-44-1111(内線1255・1256) 
ファクシミリ:0172-44-8619