平成29年11月の市内の話題

2017年11月16日

11月15日

盛美園雪囲い

 秋が深まり冬が目前に迫る中、盛美園で雪囲い作業が行われました。3,600坪の園内に植えられているツツジや松など約80種類1,300本のうち、約350本の木々に作業員が雪囲いを施しました。盛美園の葛西勝彦支配人は「雪囲いを見たことがない方も訪れるので、雪囲いそのものや雪の作る白と盛美館の景観を楽しんでほしい」と語りました。20171115.jpg

11月13日

新本庁舎建設市民ワークショップ

 平成32年度の庁舎完成を目指している新本庁舎建設事業に関連し、市民ワークショップが開催されました。このワークショップは、新本庁舎について幅広い世代の市民の意見を計画に反映することを目的に行われ、19人が参加しました。設計業者から建設計画を聞いた参加者は4班に分かれて意見交換を行い、駐車場などについて様々な意見が出されました。20171113.jpg

11月12日

CM大賞審査発表会において平川市が「コピー賞」を受賞しました

 青森朝日放送が主催する「第17回 ふるさと自慢わがまちCM大賞」審査発表会が青森県立保健大学において行われました。このイベントは、県内各市町村が、ふるさとの魅力をテーマに30秒のCMを制作し、広くPRすることで青森県を盛り上げていくことを目的としたもので、毎年開催されています。今年は38市町村が参加し、地元の魅力を見事に表現した作品が集まるなか、平川市が、一度聞いたら忘れられないキャッチコピーやメッセージ性が感じられた作品に贈られる「コピー賞」を受賞しました。また、副賞として、年間50本のCM放送が贈呈されました。平川市の入賞は9年ぶりとなります。当日の模様は、来年1月上旬に青森朝日放送にて放映される予定ですので、是非ご覧ください。20171112.jpg

11月11日

ART FESTIVAL HIRAKAWA 2017

 11月11日、道の駅いかりがせきで「ART FESTIVAL HIRAKAWA 2017」が開催されました。このイベントはアートを通じて地域を元気にすることを目的に、平川市まちづくり支援事業を利用して初めて開催されました。当日はあいにくの天気でしたが、県内出身アーティストの作品の販売を目当てに多くの人が訪れました。また、会場では様々なワークショップが体験できる「平川手作り村」や、県内の肉自慢の店が一堂に会する「肉祭」も開催され、家族連れなどでにぎわいました。

20171111.jpg

11月10日

勤労感謝職場訪問

 11月23日の「勤労感謝の日」を前に、市内の子ども園による職場訪問が行われました。7日に日の出こども園の園児19人(写真左)、10日に尾上保育園の園児18人(写真右)が市役所を訪れ、長尾市長に「お仕事ご苦労様です」と感謝の気持ちを伝えると、手作りのカレンダーや花を元気に手渡しました。

20171110_composite.jpg

関連記事

お問い合わせ

総務課
広報広聴係
電話:0172-44-1111(内線1353)
ファクシミリ:0172-44-8619