市職員への「認知症サポーター養成講座」の実施について

2017年10月10日

内容

平川市では、今年度から来年度にかけ市職員全員を対象に、「認知症サポーター養成講座」を実施し、市民に対する窓口サービス等接遇の向上を図ります。
今年度は平川市健康センターの全職員68人を対象に、3回に分けて下記により実施します。
認知症サポーターの養成は、平川市の認知症施策の一環として実施しており、認知症について正しい知識を持ち、地域のなかで認知症やその家族に対し、できる範囲で支援していただくことを目的としています。
平成21年度から、市内の企業、学校、金融機関等で実施しており、これまで2,022人を養成しました。

日時

  • 第1回 平成29年10月17日(火曜日)午前10時~午前11時30分
  • 第2回 平成29年10月17日(火曜日) 午後1時~午後2時30分
  • 第3回 平成29年10月25日(水曜日)午前10時~午前11時30分

場所

健康センター 会議室(平川市柏木町藤山16-1)

対象者

健康センターの全職員(既に本講座を受講済みの者は除く)

研修概要

講義 認知症に関する基礎知識及び認知症サポーターの役割

講師 高齢介護課地域包括支援係職員

グループワーク

お問い合わせ

高齢介護課
地域包括支援係
電話:0172-44-1111(内線1147・1157)