油流出事故にご注意ください

2017年9月20日

 例年冬期になると、家庭や事務所から灯油等が流れ出す油流出事故が多発しています。原因は、ホームタンクのバルブや配管の劣化、除雪時のホームタンクや配管の破損、ホームタンクから小分け時に目を離す等、不注意による流出が大半です。

 油流出事故が発生すると、側溝や水路を通じて河川に流れ出ることもあります。河川は水道用水などに利用されていますので、下流域全体に影響を及ぼし、川の生き物にも悪影響を与えます。また、事故の処理にかかった費用は、原因者の方に負担していただくことになります。

 各家庭や事務所では、「油類を取り扱う責任者」であるという意識を持ち、タンクの劣化状況点検や補修を行い、除雪作業等の破損事故にも十分注意しましょう。

 なお、事故を起こした場合や発見した場合は、市町村役場、消防署、警察署等へ速やかにご連絡ください。

 

 油流出啓発チラシ.pdf(1.17MBytes)

お問い合わせ

市民課
環境衛生係
電話:0172-44-1111