3つの「きる」で生ごみを減らそう!

2017年8月31日

1つ目の「きる」 食材は使い「きる」

◆食材はムダなく使いましょう

・野菜などを切ったり、皮をむいたりするときは、工夫して捨てる部分が少なくなるようにしましょう。

 

◆食材は必要な分だけ買いましょう

・定期的に冷蔵庫の中身をチェックして、消費期限を確認しましょう。

・買い物前にメニューを考えて、メモを作ってから出かけると、不要な買い物が控えられます。

 

2つ目の「きる」 料理は食べ「きる」

◆作った料理は残さずおいしく食べましょう。

・作りすぎてしまわないよう、家族の予定や人数、それぞれの家族の適量に合わせて作りましょう。ただし、食べ過ぎには気をつけましょう。

 

◆作り置きができる料理は、毎日少しずつ食べて食べきりましょう。

・料理が残ってしまったら、冷凍保存したり、少しアレンジを加えて違う料理にするなどして、食べきる工夫をしてみましょう。

 

3つ目の「きる」 生ごみは水気を「きる」

◆三角コーナーや水切りネットを使って、生ごみの水気をきりましょう。

・生ごみの重さのうち約8割は水分となっています。きちんと水気をしぼってから

ごみに出せば、ごみの重量を減らせるだけでなく、生ごみを燃やす際のエネルギーも節約できます。

 

ごみを減らすためには、3つの「きる」を実践し、生ごみを減らすことが必要です。

次世代の子どもたちに、豊かな自然環境に恵まれた平川市を引き継いでいくためには、私たち一人ひとりが、「もったいない」の意識を持って、ごみの減量に取り組むことが不可欠です。

ご家庭でも3つの「きる」に挑戦してみましょう!

 

お問い合わせ

市民課
環境衛生係
電話:0172-44-1111(内線1226)