企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を活用した寄附を募集します

2017年8月10日

企業版ふるさと納税について

 内閣府が認定した「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に対し、企業が寄附を行うと寄附額の3割に相当する額の税額控除の措置がなされます。現行の自治体に対する企業の寄附に係る損金算入措置による軽減効果(約3割)と合わせて、寄附額の6割に相当する額が軽減されます。

   【寄附の条件】

  • 本社(税法上の主たる事業所又は事務所)が平川市にない企業が対象となります。
  • 1回あたり10万円以上の寄附が対象となります。
  • 寄附企業への経済的な利益の供与は禁止されています(補助金の交付、低金利の貸付、入札の便宜など)。
  • 寄附の対象期間は平成29年度から平成31年度までです。

   制度の概要(435KBytes)

  ※制度の詳しい内容については内閣府ホームページをご覧下さい。 

 

  平川市の「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」

 平川市が内閣府より「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」として認定を受けた事業は次のとおりです。

 1.『ひらかわ住みたい・産みたい・育てたいまちプロジェクト』

   【概要・計画書】

  • 人口減少対策として妊娠・出産・子育てへの経済的支援の充実や魅力ある教育環境づくりを推進するため、0歳児から中学生までの医療費の助成、妊産婦への支援等に取組み、子育て世帯が「住みたい・産みたい・育てたい」と思う環境をつくり、出生率の向上や転入者の増加を図る(子ども医療費給付の拡充、給付システムの改修など)。
  • ひらかわ住みたい・産みたい・育てたいまちプロジェクト(計画書)(409KBytes)

 

 2.『世界一の扇ねぷた知名度アッププロジェクト』

   【概要・計画書】

  • 世界一の大きさを誇る「世界一の扇ねぷた」のリニューアルや当市の一大イベントで、「世界一の扇ねぷた」が出陣する「平川ねぷたまつり」を県内外にPRすることにより、観光振興のみならず地域の活性化を図る(世界一の扇ねぷたの更新、PR用の可搬式ねぷたの派遣、「平川女子囃子組」の派遣など)。
  • 世界一の扇ねぷた知名度アッププロジェクト(計画書)(181KBytes)

 

 寄附のお手続きについて

1.寄附申出書のご提出

 2.寄附の払い込み

  • 事業が完了し、事業費が確定(年度末)しましたら、平川市より寄附のお願いをさせていただきます。
  • 企業は、寄附申出書にて選択した方法で平川市に寄附を納入してください。

3.平川市からの受領証の送付

  • ご入金の確認後、税の控除申告に必要な受領証をお送りします。

4.税の申告手続き

  • 上記3の受領証を添えて、税の申告手続きをしてください。

 ※より詳しいお手続きの流れについては、こちらからご確認ください。

 

  寄附の申出状況

対象事業の名称 年度 企業名
 ひらかわ住みたい・産みたい・育てたいまちプロジェクト   平成29年度   株式会社 日本マイクロニクス
 世界一の扇ねぷた知名度アッププロジェクト   平成29年度   株式会社 タケエイ

 

関連ワード

お問い合わせ

企画財政課
企画調整係
電話:0172-44-1111(内線1433)
ファクシミリ:0172-44-8619