南九州市・JA南さつま お茶贈呈式~日本一のお茶の産地から市内の子どもたちにお茶が贈られます~

2017年6月2日

内容

 この度、日本一のお茶の産地である鹿児島県南九州市・JA南さつまより、当市の児童、生徒に対しお茶の贈呈がされることとなりましたので、下記のとおりお茶贈呈式を行います。

日時

 平成29年6月9日(金曜日) 午後4時から

場所

 平川市役所本庁舎3階 応接室

贈呈者

 南九州市 : 塗木 弘幸 市長 、白坂 正弘 商工観光課長
 JA南さつま : 山下 良行 代表理事専務、田中 弘文 生活部長 、外園 優歌 川辺支所古殿出張所

受贈者

 平川市 : 長尾 忠行 市長、古川 洋文 副市長 、柴田 正人 教育長、小野 生子 商工観光課長 、小田桐 農夫吉 学校教育課長、安藤 智史 小和森小学校校長 、         
        三上 早希 栄養教諭、小和森小学校児童代表5名(代表者あいさつあり)
 JA津軽みらい : 工藤 友良 代表理事組合長、奈良 寧 代表理事常務 、工藤 俊博 参事 、工藤 尚人 青果部長

平川市と南九州市の交流について

 1.これまでの歩み

年度 主な出来事
平成 2年 旧平賀町が「ふるさと創生交付金」を活用し、旧知覧町に青少年を派遣。これ以降、両町の中学生を中心としたホームステイが行われている。
(注)青少年国内派遣事業実績.xlsx(16.1KBytes)
平成 8年 青少年交流に参加した平賀町の中学生の発案で「知覧ねぷた祭」が開催されることになり、知覧町へ扇ねぷたを寄贈した。
これ以降、毎年7月に「知覧ねぷた祭」が開催され、現在では、九州一円から約4万人の観光客が詰め掛ける一大イベントになっている。
平成12年 友好親善交流盟約を締結
平成16年 平賀町農業者による「魂の自転車リレー」が、知覧町を出発し平賀町まで約2,000kmを1か月かけて実施された。
平成17年 18年1月1日に平賀町・尾上町・碇ヶ関村が合併し平川市になる。これにより、知覧町との交流盟約が無効となる。
平成19年 19年12月1日に知覧町・頴娃町・川辺町が合併し南九州市になる。
平成20年 平川市と南九州市が改めて友好親善交流盟約を締結
平成21年 JA津軽みらいが南九州市の保育園・小中学校にりんごを贈呈。これ以降、毎年継続している。
平成24年 南九州市とJA南さつまが平川市の小中学校にお茶を贈呈。これ以降、毎年継続している。
平成24年 災害時の相互応援に関する協定を締結
平成26年 知覧ねぷた祭が縁で、平川市の男性と南九州市に勤務する女性が結婚。
平成27年 節目となる第20回「知覧ねぷた祭」開催。

 2.その他の交流

   両市の祭りや物産イベントに市職員や市民が参加しているほか、平成26、27年度は、県外での物産トップセールスを合同で開催。

お問い合わせ

総務課
秘書係
電話:0172-44-1111(内線1318)