平成29年4月の市内の話題

2017年5月11日

4月29日

志賀坊まつり

 4月29日と30日、志賀坊森林公園で「広船志賀坊まつり」が開催されました。まつりは志賀坊森林公園の山開きを兼ねて毎年開催されており、広船獅子踊保存会の演舞などでまつりの開会に花を添えました。まつり期間中は山野草と盆栽の展示販売や地元ガイドとの遊歩道散策が行われ、カタクリの群生する園内を歩いた行楽客は春の息吹を感じていました。

20170429-2.jpg

 

4月29日

おのえ花と植木まつり

 4月29日から5月7日にかけ、猿賀公園を会場に「おのえ花(さくら)と植木まつり」が開催されました。開会式では八幡崎郷土芸能保存会による獅子踊りが披露された後にテープカットが行われ、まつり開催を祝いました。初日には先着150人に鉢花が贈られるとあって長蛇の列ができたほか、植木市では観光客が鉢花や苗木を買い求めていました。

20170429-1.jpg

 

4月18日

米国メーン州の学生が市長を表敬訪問

 4月17日から23日までの日程で米国メーン州のカムデンロックポートミドルスクールの生徒ら12人が平川市を訪れました。18日には市役所を表敬訪問し、長尾市長から「平川市は今が一番いい季節。ぜひ楽しんでいってほしい」と歓迎を受けました。一行は滞在中、座禅体験や観光地の見学を通じて日本の文化に親しんだほか、市内の小中学生との交流を楽しみました。

20170418.jpg

 

4月16日

市民一斉大清掃

 市内各地で市民一斉大清掃が行われました。参加者たちは強風であいにくの天気の中、街の美化のために空き缶やたばこの吸い殻などを丁寧に拾い集めていました。また、古着や小型家電などの回収も行われ、自宅で使われなくなった品を持ち込む人の姿が見られました。

20170416.jpg

 

4月14日

弘前大学連携事業成果報告会

 東京会館で弘前大学との連携調査研究事業成果報告会が行われました。これは、昨年6月に締結した市と弘前大学との包括連携協定を契機に始まったもので、市内の企業関係者など85人が参加しました。まちづくり推進、碇ヶ関地域の活性化、未来の担い手発掘・育成・支援、「食ラボひらかわ」利活用の4つの事業について調査報告がされました。

20170414.jpg

 

4月13日

盛美園雪囲い解体

 盛美園で雪囲いの解体作業が行われました。これは4月16日からの開園に合わせて行われたもので、園内の木々を守っていた雪囲いを12人の作業員たちが手際よく解体しました。また、同日は青森港に入港していたクルーズ船「ドーン・プリンセス」に乗船していた外国人観光客約500人が盛美園を訪れました。観光客は同行したガイドから説明を受けると、津軽地方の伝統的な庭園をカメラに収めていました。

20170413.jpg

 

4月5日

叙勲伝達式

 このたび、旭日単光章を工藤典春さん(金屋)が受章されたことに伴い、工藤さん宅で伝達式が行われました。工藤さんは旧尾上町時代に16年間町議会議員として地域の発展に寄与され、議会副議長なども歴任されました。長尾市長から顕彰状と勲章を手渡された工藤さんは「立派な勲章を頂くことができて、ありがたいことです」と述べました。

20170405-2.jpg

 

4月5日

葛川診療所木村医師に感謝状を贈呈

 市役所本庁舎において、葛川診療所で医師として活躍された木村克明さんに感謝状が贈呈されました。木村医師は14年にわたり地域医療の発展と向上のために尽力され、近年では産業医としても活躍されました。長尾市長から感謝状を贈呈された木村医師はこれまでの活動を振り返り「医師として懸命に職務にあたってきて、今は燃え尽きたような気分」と語りました。

20170405-1.jpg

 

関連記事

お問い合わせ

総務課
広報広聴係
電話:0172-44-1111(内線1353)
ファクシミリ:0172-44-8619