赤十字活動資金へのご協力のお願い

2017年2月1日

 

赤十字活動について

 昨年、国内では熊本地震や鳥取県中部地震、台風10号等豪雨災害などの自然災害が多発し、大変多くの尊い人命が失われ、家屋や地域産業にも甚大な被害を被っています。また、東日本大震災の被災地では、発生から6年が経過し、復興は着々と進んでおりますが、今なお支援の手を緩めることができない状況にあります。
 日本赤十字社では、これら自然災害に対する危機意識のもと、災害救護体制の強化や地域の防災意識の普及、医療・血液事業や青少年赤十字の育成、青少年赤十字の育成など、様々な事業を展開しています。
 
 日本赤十字社青森県支部平川市地区では、火災・風水害の被災者に対して、毛布や緊急セットなどの災害救援物資を交付しているほか、地域でボランティア活動等を実施する赤十字奉仕団の活動を支援しています。

 

日本赤十字社の「社員制度」ついて

 赤十字の「社員」とは、日本赤十字社の職員という意味ではなく、赤十字を理解、支援してくださる会員や仲間のことで、年額500円以上の「社費」(会費)を納付いただくことで、誰でも加入することができます。
 日本赤十字社の活動は、「社員」としてご加入いただいた皆さまからお寄せいただく「社費」と、広く一般の皆さまからお寄せいただく「寄付金」によって支えられています。またこの「社費」と「寄付金」を併せたものが「社資」、すなわち赤十字の活動資金となります。
 日本赤十字社が人道・博愛の精神を掲げて歩き始めてから約140年、この歴史をしっかりと支えてきたのは皆さまのご支援のおかげといえます。

 

平成29年度 赤十字社員増強・社資増収運動について

 日本赤十字社では、今後も継続して赤十字活動を実施するために、事業を支援してくださる「社員」と「社資」を必要としています。
 日本赤十字社青森県支部平川市地区では町会等を通じ、次のとおり「社員」及び「社資」を募集いたします。
 
【運動実施期間】
 平成29年2月1日(水曜日)より通年実施
  なお、2月1日~28日までの1ヶ月間を「強調月間」とし、募集活動の強化に取り組みます。
 
【社資目標額】
 平成29年度 平川市地区社資目標額  4,886,000円
 (内訳)
   平賀地域  3,013,000円
   尾上地域  1,339,000円
   碇ヶ関地域  534,000円
 
 
 
 赤十字の活動は皆さまから寄せられる善意によって支えられており、その活動資金となります「社資」にご協力をお願いいたします。

関連ワード

お問い合わせ

福祉課
福祉総務係(日赤平川市地区)
電話:0172-44-1111(内線1164)
ファクシミリ:0172-44-0068