平成28年10月の市内の話題

2016年11月4日

10月29日

ひらかわハロウィン

 10月29日から30日にかけて、ひらかわハロウィン2016が弘南鉄道平賀駅前広場で開催されました。平川市では初のハロウィンイベントで、1日目は弘前市のシンガーソングライターHINAさんらのライブ、2日目は仮装大会や宝探しなどが催され、会場は多くの人でにぎわいました。

20161029.jpg

 

10月22日

昭和レトロ展

 文化センターにおいて「昭和レトロ展」が開かれました。会場には玩具収集家の安田勝寿さん(八戸市)が所有するブリキ玩具や人形などのほか、昭和期の生活用品や市内の風景を収めた写真など約520点が展示され、来場者の目を楽しませました。また、23日には親子で「ミニ四駆」の製作と走行を楽しむ「ひらかわミニ四駆Day」が催されました。約150人の参加者たちは親子でキットを組み立てると、コースを走らせて速さを競っていました。

20161022-2.jpg

 

10月22日

わくわくひらかわ教室

 文化センターにおいて、「わくわくひらかわ教室」が開催され、市内の子どもたち27名が参加しました。全9回の教室の5回目となる今回は料理教室と題し、味噌汁の素となる「みそ玉」やおにぎりづくりの体験が行われ、子どもたちは慣れない料理づくりに一生懸命取り組んでいました。

20161022-1.jpg

 

10月20日

バイオマス産業都市認定証授与式

 東京都千代田区霞ヶ関の農林水産省において「バイオマス産業都市認定証授与式」が行われ、長尾市長が礒崎陽輔農林水産副大臣から認定証を受け取りました。今回の平川市の認定は青森県内で初めてで、東北では6番目の認定です。市では今後、木質バイオマス発電所を中心に、発電所から出される排熱や排水の農業などへの有効利用や食品廃棄物などの資源を有効利用したバイオガス発電の取り組みなどにより、環境に優しく災害に強いまちづくりを目指します。

20161020-2.jpg

 

10月20日

幼年消防クラブ鼓笛演奏会

 17日から始まった秋の火災予防運動の一環で、ひらかドームにおいて市内の幼年消防クラブによる鼓笛演奏が行われました。これは荒天により弘南鉄道平賀駅前での防火パレードが中止となったため行われたもので、演奏会に参加した220人の園児たちは練習してきた演奏や踊りを元気に披露し、詰め掛けた観客に火の取り扱いに注意するよう呼びかけました。

20161020.JPG

 

10月19日

平川市学校音楽発表会

 文化センターにおいて、平川市学校音楽発表会が開催され、市内にある13の小中学校から約590人が出演しました。平賀東中学校の吹奏楽演奏を皮切りに、児童・生徒たちは合唱や合奏など日頃の練習の成果を披露しました。また、最後は平川市民歌を全員で歌い、発表会を締めくくりました。

20161019-3.JPG

 

10月19日

地産地消カレー給食会

 食育推進活動の一環として、平川市産の牛肉と野菜を100%使用したカレー給食会が行われました。このうち、大坊小学校では長尾市長やジャガイモを提供した苗生松みどり会の会員、県職員らが参加し、児童と共にビーフカレーに舌鼓を打ちながら地産地消への理解を深めました。工藤にいなさん(6年)は「給食会のカレーはとてもおいしく感じた」と笑顔で話していました。

20161019-2.JPG

 

10月19日

シルバー人材センター清掃奉仕活動

 市内3地域においてシルバー人材センターによる清掃奉仕活動が行われました。これは10月の第3水曜日の「シルバーの日」に合わせて行われたもので、約40人の会員が参加しました。会員たちは秋晴れの下で道路端の草刈りや落ち葉などの掃き掃除を行い、地域の美化に汗を流していました。

20161019-1.JPG

 

10月18日

りんご盗難防止合同パトロール出動式

 りんご収穫の最盛期を迎え、ひらかドームでりんご盗難防止合同パトロール出動式が行われ、黒石警察署や管内の防犯団体など関係者約60人が参加しました。出動式では成田裕之黒石警察署長が「これまでの傾向をみると隔年で盗難が発生しており、今年は発生が予想される」と述べ、危機感を持って対応するよう協力を求めました。その後は管内のりんご園地をパトロールし、りんご盗難防止のチラシを手渡して注意を呼びかけました。

20161018.JPG

 

10月15日

消費者フォーラムin平川

 生涯学習センターにおいて「消費者フォーラムin平川」が開かれました。賢い消費者になるための正しい知識を得て安心して生活できる社会づくりを目的に開催されたフォーラムでは、県消費者協会による寸劇や元消費者庁長官の阿南久さんによる講演が行われました。来場者は寸劇や講演を通じて、みんなで助け合うことが被害を防ぐ一番の方法であることを学んでいました。

20161015.JPG

 

10月10日

ひらかわスポーツフェスティバル

 体育の日である10月10日に合わせ、「ひらかわスポーツフェスティバル」が開催され、市内の運動施設でスポーツ教室などが行われました。参加者たちは様々なスポーツを通じてさわやかな汗を流しました。また、9日には平賀体育館で先行イベントとして「トップ選手によるバドミントン教室」が開催され、小中学生約40人が国内トップ選手から基本や応用の技術を学びました。

20161010.JPG

 

10月7日

ヒラカワ未来トークin柏木農業高校

 柏木農業高校で「ヒラカワ未来トーク2016」が行われ、市内出身の生徒104人が参加しました。これは市の総合計画策定に向けて若年層の意見を取り入れるために開催されたもので、「10年後の自分と平川市に向き合ってみよう」と題し、3つのテーマについて意見を出し合いました。カフェのような空間で自由に会話することで知識や知恵を出し合う「ワールドカフェ」という手法で話し合った生徒たちは、自分たちがまちを元気にするために何ができるのかを考えていました。

20161007.JPG

 

10月1日、2日

地場産品&食産フェア「ひらかわフェスタ2016」

 ひらかドームで「ひらかわフェスタ2016」が開催され、市内の事業者や各種団体、友好親善交流盟約を結ぶ鹿児島県南九州市など30を超えるブースが出店し、新鮮な野菜や加工品などを買い求める多くの人で賑わいました。400食限定の平川市産牛肉と野菜を使った地産地消カレーの販売やラーメンの食べ比べができる「麺麺街道」は長蛇の列ができたほか、2日の「津軽の桃の加工品ふるまい」では、地元の桃を用いたジュースや大福などが300人に振る舞われました。このほか、駐車場では「軽トラガーデンコンテスト」が開かれ、造園業者が見事な庭園を軽トラックの荷台に再現したほか、ステージでは食育推進キャラクター「ひらかわ元気ファミリー」の寸劇、「AOMORI花嵐桜組」、「りんご娘」によるショーが行われ、会場を盛り上げました。

20161001.JPG

 

お問い合わせ

総務課
行政係
電話:0172-44-1111(内線1342・1350)
ファクシミリ:0172-44-8619