平成28年9月の市内の話題

2016年10月3日

9月30日

エイジレス章受章伝達式

 年齢にとらわれず生き生きと生活を送る「エイジレス・ライフ」の実践者として、佐藤ツリさん(光城)に内閣府から「エイジレス章」が贈られました。佐藤さんは長年にわたり津軽の昔話の語り部として、施設の慰問やラジオ出演を通じて昔話を幅広い世代に伝えるとともに、後進の育成にも力を入れてきました。市役所を訪れた佐藤さんは「先祖が残してくれた優しく温かな文化を語り続けていきたい」と述べ、今後の活動への意欲を新たにしました。

20160930.JPG

 

9月27日

猿賀神社苅穂祭

 猿賀神社近くの神饌田(しんせんでん)で恒例の苅穂祭(かりほさい)が行われ、猿賀小学校の児童ら12人が参加しました。参加者は早乙女・田男姿で田に入り、立派に育った稲を丁寧に収穫していました。

20160927.JPG

 

9月25日

こども民俗芸能大会

 下北文化会館(むつ市)で行われた「こども民族芸能大会」に柏木小学校4年生の32人が出演し、伝統芸能の「柏木町荒馬踊り」を披露しました。大会は青森県教育委員会が主催し、民俗芸能の後継者育成などを目的に伝承活動に取り組んでいる子どもたちの発表の機会として開かれており、今回は子どもたちで構成された県内6団体と、地元むつ市の上野娯楽会が特別出演しました。児童たちは約470年前から地域に伝わる踊りを熱演し、日頃の活動の成果を披露しました。

20160925.JPG

 

9月24日

人・街。輝きフェスティバルin碇ヶ関

 9月24日から25日にかけ、道の駅いかりがせきで「人・街。輝きフェスティバルin碇ヶ関」が開かれました。会場ではたけのこご飯やたけのこ汁など、碇ヶ関の特産品を使った料理を販売する模擬店や福引抽選が設けられ、多くの人々が訪れました。また、ステージでは碇ヶ関御関所太鼓保存会による迫力の演奏や碇ヶ関中央保育園園児による発表、高校生演歌歌手の田中けいとさんによる歌謡ショーなどが行われ、会場を盛り上げました。

20160924.JPG

 

9月20日

家畜審査競技会最優秀賞受賞

 日本農業クラブ東北連盟大会家畜審査競技会乳用牛の部において、平賀西中学校出身で柏木農業高校1年の船越愛加さんが最優秀賞を受賞し、長尾市長に結果を報告しました。同部門は乳用牛の状態を確認して搾乳能力の良しあしを見極めるもので、船越さんは今春から勉強を始めて県大会を2位で通過し、東北大会では同校で20年ぶりとなる最優秀賞を受賞しました。船越さんは「最優秀賞をとれてうれしい。今度は違う部門にも挑戦してみたい」と抱負を語りました。

20160920-2.JPG

 

9月20日

わんぱくたちの農業体験

 松崎保育園の園児16人が館田地区の平賀地域モデル展示圃でサツマイモの収穫体験を行いました。柴田農業委員会会長が「どれだけ大きくなったか楽しみながら掘ってください」と述べると、園児たちはサツマイモを一つ一つ懸命に引き抜き、次々に大きなイモを掘り当てていました。

20160920-1.JPG

 

9月19日

平川市長寿福祉大会

 文化センターで平川市長寿福祉大会が開催されました。今年は100歳到達者8人と88歳以上となる夫婦12組が県知事顕彰を受けたほか、卒寿(90歳)となる150人と金婚夫婦34組に市から顕彰状が贈られました。長尾市長は「今の平川市があるのは皆さんの尽力があってこそ」とあいさつしました。顕彰者を代表して金婚を迎える小野幸滿さん・ていさん夫妻(金屋)は「長年培ってきた経験を生かし、市発展のために微力ながら夫婦で協力したい」と述べました。

20160919.JPG

 

9月16日

NHK公開収録「上方演芸会」

 文化センターで、NHK青森放送局による「上方演芸会」の公開収録が行われました。上方芸人による漫才や漫談など、上方ならではの話芸の数々が披露されるとあって、多くの観客が訪れました。ゲストの酒井くにお・とおる、Wヤング、なすなかにし、青空さんは巧みな話芸を披露し、観客の笑いを誘っていました。

20160916-2.JPG

 

9月16日

交通死亡事故皆無250日表彰

 市役所本庁舎において、平川市内で交通死亡事故皆無250日間を称え、青森県警から表彰状が贈られました。県警本部の西澤存交通部長から表彰状を受け取った市交通安全母の会の山口絹子副会長は「子ども達は交通ルールを守っているので、大人にも守ってもらえるように伝えていきたい」と交通安全への意気込みを述べました。

20160916-1.JPG

 

9月14日

猿賀神社十五夜大祭

 猿賀神社で14日から16日にかけて猿賀神社十五夜大祭が開かれました。初日の14日は第73回県下獅子踊大会が開催され、津軽各地から集まった保存団体20組が五穀豊穣と悪疫退散を願って躍動感ある舞を披露しました。

20160914.JPG

 

9月9日

岩崎洵奈ピアノコンサート

 文化センターにおいて「岩崎洵奈ピアノコンサート」が開催されました。同コンサートは一般財団法人地域創造がクラシック音楽を身近に感じてもらうため、演奏家を派遣する公共ホール音楽活性化事業「おんかつ」の一環で行われたものです。岩崎さんはモーツァルトの「トルコ行進曲」やベートーベンの「月光」といった名曲の数々を演奏し、聴衆は華麗な演奏に聞き入っていました。

20160909-2.JPG

 

9月9日

津軽の桃生産部会市長表敬訪問

 津軽みらい農協の津軽もも生産部会が長尾市長を訪ね、特許庁の地域団体商標登録についての報告と「プレミアム桃」の贈呈を行いました。津軽もも生産協議会の木村俊雄会長は「県内で10番目に地域団体商標登録を取ることができた。また、今年は台風の大きな影響もなく素晴らしい出来となっている」と報告しました。長尾市長は「商標に登録されたことで、津軽の桃の価値が一段と上がったものと思う。更に発展させていってほしい」と激励しました。

20160909-1.JPG

 

9月5日

碇ヶ関地域死亡事故ゼロ2,000日達成

 碇ヶ関地域死亡事故ゼロ2,000日を達成し、黒石警察署において表彰式が行われました。表彰式では平川市交通安全協会碇ヶ関支部の小中支部長が賞状を受け取りました。小中支部長は「これからも死亡事故ゼロの日数を増やしていき、交通事故のない碇ヶ関地域を目指していきたい」と話していました。

20160905-3.jpg

 

9月5日

全国高校総合体育大会円盤投げ優勝

 全国高校総合体育大会の円盤投げ競技において、平賀西中学校出身で弘前実業高校3年の菊池颯太さんが優勝し、長尾市長に結果を報告しました。菊池さんは中学時代から陸上の投てき競技に取り組み、今大会では円盤投げで日本高校歴代2位となる輝かしい記録を残しました。長尾市長を表敬訪問した菊池さんは「まだオリンピックで日本人男子の円盤投げ選手はいないので、オリンピックに出られるように自分なりに頑張りたい」と今後の抱負を語りました。

20160905-2.JPG

 

9月5日

広船観光りんご園開園式

 県の品評会で何度も最高賞である農林水産大臣賞に輝き、県内でも有数のりんご生産地である広船地区で「広船観光りんご園」の開園式が行われました。テープカットには長尾市長のほか、平賀あすなろ保育園の園児も参加し、開園を祝いました。その後、園児たちは真っ赤に色づいたりんご「つがる」の収穫体験を行い、丁寧にりんごをもぎ取っていました。

20160905-1.JPG

 

9月4日

吉田松陰漢詩板建立祭

 秋田県大館市との境にある矢立峠の「歴史の道」で吉田松陰漢詩板が建て替えられ、建立祭が行われました。碇ヶ関交流人口協議会や大館市などの関係者ら約20人が参加し、除幕して完成を祝いました。

20160904-2.JPG

 

9月4日

僑光科技大学の学生ら平川市を訪問

 観光面での交流を積極的に進めている台中市にある僑光科技大学の学生ら14人が長尾市長を表敬訪問しました。これは教育旅行の一環として行われたもので、9月2日から6日までの間滞在し、青森県内の名所を巡ったり、文化に触れたりしました。平川市では盛美園の見学や桃の収穫体験、津軽みらい農協のりんご選果場の見学を行い、市の名産であるりんごと桃について楽しみながら学んでいました。

20160904-1.JPG

 

9月2日

連合婦人会「市長と語る会」

 文化センターにおいて、平川市連合婦人会を対象とした「市長と語る会」が開催されました。今回で8回目となる会では、市内3地域の婦人会代表者が日頃感じていることなどを市長らに述べ、活発な議論がされました。

20160902.JPG

 

お問い合わせ

総務課
行政係
電話:0172-44-1111(内線1342・1350)
ファクシミリ:0172-44-8619