平成28年6月の市内の話題

2016年7月1日

6月30日

高齢者軽スポーツ大会

 ひらかドームで高齢者軽スポーツ大会が開催され、応援を含めた約500人の老人クラブ員が参加しました。参加者たちは「輪まわし競争」など様々な競技を通じて爽やかな汗を流すとともに、親睦を深めました。

20160630.jpg

 

6月26日

たけのこマラソン大会

 碇ヶ関中学校グラウンドを主会場に第21回たけのこマラソン大会が開催され、県内外からエントリーした1,047名の選手たちが起伏の激しい難コースを自慢の健脚で駆け抜けました。走り終えた選手たちには、名物のネマガリダケを使ったたけのこ汁が振る舞われ、アツアツのたけのこ汁に舌鼓を打ちました。また、今大会は市制施行10周年を記念して、1999年世界陸上セビリア大会銀メダリストの市橋有里さんがゲストランナーとして出場し、1.5kmと5kmのコースを一緒に走って大会を盛り上げました。

20160626.jpg

 

6月22日

地域自治組織設立総会

 平賀農村婦人の家で「西地区まちづくり実行委員会」の設立総会が行われました。 これは、住民主体で地域のさまざまな課題解決を目指す地域自治組織が平川市において設立可能かを探るため、松崎小学校区の6町会の住民など約20名で構成されている西地区防犯懇談会に市が検証を依頼したものです。総会では長尾市長が委員長に選任された相馬孝さん(館山)に検証の依頼を行い「地域の課題にどういったことができるのか検討してほしい」と述べました。

20160622.jpg

 

6月17日

弘前大学との包括連携協定締結式

 市と弘前大学は、地域の課題に適切に対応して活力ある地域社会の形成と発展を目指し、連携・協力に関する協定を締結しました。弘前大学の佐藤敬学長と協定書を締結した長尾市長は「これまでも連携は行われてきたが、更に結びつきを強くしてパートナーとして協力していければ」と今後の弘前大学との事業展開に期待していました。

20160617.jpg

 

6月10日

南九州市・JA 南さつまお茶贈呈式

 友好親善都市である鹿児島県南九州市の塗木市長、JA南さつまの柚木組合長らが市役所を訪れ、特産の「知覧茶」を市内の小中学生に贈りました。小中学生を代表して柏木小学校の児童5人が出席し、塗木市長からお茶を受け取った鹿内蒼生さん(6年)は「今年も美味しいお茶をありがとうございます」とお礼を述べました。

20160610.jpg

 

6月1日

食産業振興センターオープン

 食産業振興センター「食ラボひらかわ」のオープニングセレモニーが行われました。式典に先立ち、施設の愛称採用者である工藤トシエさん(柏木町)の表彰が行われたほか、平賀保育園園児による元気な和太鼓演奏のアトラクションで施設のオープンに花を添えました。

20160601.jpg

 

お問い合わせ

総務課
行政係
電話:0172-44-1111(内線1342・1350)
ファクシミリ:0172-44-8619