平川市食産業振興センター「食ラボひらかわ」

2017年11月6日

 平成28年4月、文化センター隣の青森県中南地域県民局地域農林水産部食品加工研究室(旧つがる農産物加工センター)を県から譲り受けました。

 市の6次産業化の拠点施設として農業者の所得向上および食産業の振興を目的としています。

 

 

食ラボ外観.JPG

 

 

所在地

 平川市光城三丁目23番地1

電話番号(FAX兼用)

 0172-44-8815

 

主な設備

 

平面図.jpg

 

食品総合加工室 乾燥加工室

食品総合加工室.jpg

 瓶詰機や豆摺り機、ゼリー等の容器にフタをするカップシーラーなど様々な機器が設置され、加工品製造のメインとなる部屋です。

 

乾燥加工室.jpg

 温風乾燥機とセラミックロースターが備え付けられ、乾燥野菜などの加工を行うことができます。
菓子加工室 餅加工室

菓子加工室.jpg

 パンミキサーやガスオーブン、大型の冷凍冷蔵庫があり、幅広い菓子に対応できます。

餅加工室.jpg

 大型蒸籠やもちつき機などが設置され、大量のもちを製造することができます。

利用方法

利用申込

  <仮予約>
   利用する月の2か月前の1日から受付します。(電話でも予約可)

   (注)仮予約できる日数は、1か月のうち8日以内とし、連続3日間までを上限とします。


  <本予約>
  ・利用日の7日前までに『利用許可申請書』に食品衛生責任者(養成)講習の『修了証書(または、同等の資格を証明するもの)の写し』を添えて施設窓口へ直接提出してください。
  ・『利用許可書』が届いたら、同封の『納付書』で利用料金を市役所会計課または金融機関で納付してください。
  ・原則として、利用料金は前納するものとします。利用料金の納付状況の確認のため、『領収書』と『利用許可書』を利用日当日に窓口で提示してください。
  ・すでに納付した利用料金については、事前にキャンセルする場合でも返金はいたしませんのでご了承ください。

   (注)利用許可申請書はこちらからもダウンロードできます。

    食産業振興センター利用許可申請書.pdf(83.4KBytes)

休館日

  年末年始(12月29日~翌年1月3日)、毎週月曜日および利用申請のない土曜日、日曜日、祝祭日。ただし、月曜日が祝祭日の場合は、その直後の祝祭日にあたらない日。
 (注)施設等のメンテナンスのため臨時に休館する場合があります。

利用時間

  午前9時~午後4時

利用対象者

  積極的に農産加工品の開発および製造に取り組む意欲のある方は、どなたでも利用することができます。

注意事項

 ・利用時間には、準備および片付け時間を含み、片付け終了後に点検を受けていただきます。
 ・利用者(団体の場合は代表者等)は食品衛生責任者講習の受講が必要です。
 ・加工機器付属の消耗品以外の包装容器、原材料、調味料等は利用者が準備し、終了後にはお持ち帰りいただきます。
 ・販売用加工品の製造を目的として施設を利用する場合は、利用者の責任において製造品目ごとに営業許可を取得する必要があります。
  また、当該施設において製造された製品により事故が発生した場合、市はその責任を負わないことに同意していただきます。
  利用者の責任において生産物賠償責任保険(PL保険)に加入するようにしてください。
 ・その他、管理上支障がある場合や、市長が適当でないと認める場合には利用の制限をさせていただくことがあります。

 

製造可能な加工品(主なもの)

 ○飲料(りんごジュース、トマトジュースなど)
 ○果実加工品(ジャム、シロップ煮、果実真空調理、ドライフルーツ、ゼリーなど)
 ○穀物、豆類加工品(麹、味噌、豆腐、きな粉、米粉、はとむぎ茶など)
 ○野菜加工品(トマトピューレ、ペースト、乾燥野菜、山菜水煮など)
 ○パン・菓子類(パン、クッキー、パイ、ケーキ、ドーナツなど)
 ○その他(アイスクリーム、シャーベットなど)

 (注)上記は施設内の設備によって製造可能な品目であり、製造には加工機械の操作技術および知識が必要です。

 

 

 (注)現在、一部の機器に故障が生じており、使用できない状態となっております。

    製造することができないと想定される加工品の例は次のとおりですので、

    利用を考えている方は使用したい機器もしくは製造工程等について事前にご相談ください。

 

 (例)ジュース、ジャム、味噌、豆腐など

 

利用料金

 
室 名 等 料   金
各加工室 1時間につき 市 内 270円 
市 外 320円 
温風乾燥機 1時間につき 市 内 100円 
市 外 120円 
粉砕機 原材料1kgにつき 市 内 100円 
市 外 120円 
麹・味噌加工 原材料(米・大豆)
1kgにつき
市 内 40円 
市 外 50円 
交流・研修室 1時間につき 市 内 860円 
市 外 1,030円 



(注1)交流・研修室の11月から4月までの料金は、暖房料として1時間につき市内外問わず100円を加算します。
(注2)製粉加工及び麹・味噌加工については、時間単位での加工室利用料は徴収せず、原材料1kg単位での徴収となります。


お問い合わせ

農林課
食産業振興係
電話:0172-44-1111(内線2177)
ファクシミリ:0172-43-5005