平成27年12月の市内の話題

2016年1月4日

12月31日

平川ねぷたまつり冬の陣

 市制施行10周年を記念し、平川ねぷたまつり冬の陣が行われました。参加した5団体のねぷたは、市役所本庁舎から弘南鉄道平賀駅にかけて勇ましい掛け声と囃子を響かせながら練り歩きました。また、終盤には今千里さんの公演や花火の打ち上げが行われ、会場は大いに盛り上がりました。

20151231.jpg

12月24日

国際交流事業参加者市長表敬訪問

 1月にアメリカ合衆国メーン州のカムデンへ国際交流に向かう市内の中学生らが長尾市長を表敬訪問しました。
 長尾市長は「今回の貴重な体験を通じて平川市の良さを知ることができるのではないかと思う。一回り大きくなってきてほしい」と述べ、生徒たちにエールを送りました。

国際交流事業参加者市長表敬訪問

12月22日

猿賀神社煤払祭

 猿賀神社で年末恒例の煤払(すすはらい)祭が行われました。神前に祝詞(のりと)を捧げると、山谷宮司を含めた5人の神職らは斎竹(いみだけ)と呼ばれる4メートルほどのほうきを用いて、1年の間に溜まった汚れを払い落としました。猿賀神社には3が日に3万人以上の人出が見込まれ、すがすがしい気持ちで参拝できるように心を込めて作業していました。

猿賀神社煤払祭

 

12月19日

平川市子ども議会本会議

 市役所議場で平川市子ども議会本会議が行われました。平川市で子ども議会本会議が行われるのは初めてで、参加した市内小学校の5、6年生の代表児童18人はより良いまちづくりをテーマに、農業や観光を元気にする様々なアイデアを披露しました。
 一般質問後には「住みよいまち、暮らしてみたいまちづくりに関する決議案」を全員で可決し、閉会しました。

平川市子ども議会本会議

12月17日

県下一斉特別警戒取締り出動式

 市役所で県下一斉特別警戒取締り出動式が行われ、警察官と交通・防犯指導隊員、少年補導協力員らが参加しました。黒石警察署の伊丸岡副所長が「交通死亡事故ゼロを継続することを目標に取り組み、大きな事故の無い安全安心な地域社会を目指してほしい」とあいさつしました。
 出動式後はイオンタウン平賀と津軽みらい農協産直センター平賀に分かれ、交通指導取締りを行いました。

県下一斉特別警戒取締り出動式

 

12月13日

リンゴを科学する

 弘前大学農学生命科学部附属生物共生教育研究センターと市が主催した公開講座「リンゴを科学する」が生涯学習センターで開催されました。基調講演では弘前大学の青山正和教授が「健康な土づくりとは?」と題して土壌微生物の働きと有機物の関係性を説いたほか、柏木農業高校の生徒3人がりんご農家を元気にするための様々な取り組みを紹介しました。講演後のポスターセッションでは研究成果の紹介がされ、参加した方たちはりんごについての知識を深めていました。

リンゴを科学する

12月12日

子ども議会認定証交付式

 尾上総合支所で子ども議会認定証交付式が行われました。平川市で子ども議会が行われるのは初めてで、参加した市内の小学校5、6年生18人に古川副市長から子ども議員の認定証が手渡されると、緊張した面持ちで受け取っていました。交付式の後には議会の仕組みについての説明や、議員になりきって質問書を作る時間が持たれ、子どもたちは自分たちのまちを元気にするために何ができるのかを一生懸命考えていました。
 この子ども議会は19日にも行われ、市議会の議場を用いて本会議が行われる予定です。

子ども議会認定証交付式

 

お問い合わせ

総務課
行政係
電話:0172-44-1111(内線1342・1350)
ファクシミリ:0172-44-8619