平成27年11月の市内の話題

2015年11月27日

11月24日

小林大誠選手表敬訪問

 読売巨人軍の育成ドラフト2位指名を受けた小林大誠選手(小和森)が市役所を訪れ、長尾市長を表敬訪問しました。小林選手は5歳から野球を始め、現在は独立リーグで捕手として活躍しています。平川市では初のプロ野球選手誕生で、小林選手は「平川市の子ども達に夢を与えられるようになりたい」と述べ、これからの活躍を誓いました。

小林大誠選手表敬訪問

 

11月24日

消防団車両交付式

 市役所において消防団車両の交付式が行われ、平川市消防団の相馬清孝団長に消防団車両が交付されました。長尾市長から小型動力ポンプ積載車2台の交付書を手渡された相馬団長は「いざ有事の際には車両の性能を十二分に発揮し、少しでも災害を小さくできるように訓練を重ねていく」と述べました。今回交付された車両は、李平と新屋町に1台ずつ配置されます。

消防団車両交付式

 

11月22日

ひらかわ農産物「地産地消」拡大フェア&特産品フェア

 健康センター駐車場において、ひらかわ農産物「地産地消」拡大フェア&特産品フェアが行われました。販売ブースではりんごや野菜など市内の農産物が地元還元特価で購入できることもあり、来場者たちが次々と商品を買い求めていました。また、青天の霹靂と地産地消豚汁の振る舞いが行われ、多くの人が話題の特A米を求めて長蛇の列を作っていました。

地産地消拡大フェア

 

11月21日

柏木農業高校創立90周年記念式典

 柏木農業高校が創立90周年を迎え、記念式典が行われました。生徒代表の葛西蓮さん(3年)は「日々の生活も90周年の一部と考えると感慨深い。誠実、勤勉、公正の校訓を受け継ぎ、柏農発展に尽くしていく」と決意を述べ、校歌を斉唱して90年の節目を祝いました。式典後のアトラクションでは柏農ねぷた委員会が3曲のねぷた囃子を披露して花を添えました。

柏農創立90周年記念式典

 

11月19日

ひらかわイルミネーションプロムナード

 市役所で平川市イルミネーションプロムナードの点灯式が行われました。これは地域の活性化を図ることを目的に行われるもので、建物や街路灯などをイルミネーションで装飾するものです。長尾市長は「観光振興や地域の活性化、市民一人一人の心がつながることを期待している」と述べ、続くカウントダウンで一斉に10万8,000個のLEDのイルミネーションが点灯しました。市民らは突然のライトアップに驚いていましたが、写真撮影をして光る街並みを楽しんでいました。

ひらかわイルミネーションプロムナード

 

11月19日

平川市オリジナルナンバープレートデザイン表彰式

 平川市オリジナルナンバープレートのデザインが決定し、デザイン考案者の小川友美さん(青森市)に表彰状と記念品が贈られました。盛美園とりんご、温泉を配置したこのデザインは、投票総数434票の中で最も多くの票を獲得し、最優秀賞に輝きました。長尾市長は「盛美園に虹がかかる夢のあるデザインで、市のPRだけでなく市民に愛されるナンバープレートになってほしい」と述べました。

オリジナルナンバープレートデザイン表彰

 

11月14日

羽州街道交流会平川大会

 羽州街道交流会平川大会がアップルランドで開催され、県内外から170名が参加しました。この交流会は、現在の福島県から青森市油川を結ぶ羽州街道沿いの自治体で、街道を生かした地域振興策を探ろうと毎年開催されており、今回で11回目となります。交流会では歴史紀行作家の永冨明郎さんの「吉田松陰と津軽」と題した基調講演が行われたほか、市内事業者が参加してパネルディスカッションも行われ、参加者たちは活発な意見交換に耳を傾けていました。

羽州街道平川大会

 

11月13日

100歳記念顕彰状贈呈式

 三浦アサさん(沖館)がめでたく100歳を迎えられ、顕彰状と記念品が贈られました。古川副市長が「これから寒くなりますが、体に気を付けて下さい」と声をかけると、三浦さんは「私のためにありがとうございます。これからも元気で頑張ります」と話されました。

100歳記念顕彰状贈呈式

 

11月6日

勤労感謝職場訪問

 11月23日の勤労感謝の日を前に、日の出保育園の園児36人が市役所の長尾市長らを訪ねました。園児たちが「疲れた時にどうぞ食べてください」と市長にキャンディをプレゼントすると、長尾市長は「激励に来てくれてありがとうございます。皆さんの励ましを胸に頑張ります」と感謝の言葉を述べました。
 また、17日と18日には平賀幼稚園や尾上保育園、はすね保育園の園児たちも訪れ、カレンダーを贈りました。

勤労感謝職場訪問

 

11月1日

平川市民文化祭2015

 11月1日から、市民文化祭が文化センターで開催され、初日となる1日はオープニングフェスティバルとして「子どもの祭典」が行われました。長尾市長が「平川市の文化を盛り上げてほしい」とあいさつして開会を祝うと、高城こども園園児によるヒップホップダンスや平賀一輪車クラブによる演技、尾上中学校の生徒による吹奏楽演奏などが行われました。観客たちは子どもたちの元気あふれる発表に盛大な拍手を贈っていました。

平川市民文化祭2015

お問い合わせ

総務課
行政係
電話:0172-44-1111(内線1342・1350)
ファクシミリ:0172-44-8619