平成27年10月の市内の話題

2015年11月2日

10月25日

健康づくり宣言市民大会

 10月25日、「平川市いきいき健康長寿のまちづくり条例」の施行に合わせ、健康づくり宣言市民大会が文化センターで開催されました。市民や関係者約600人が参加した大会では、長尾市長が「健康長寿のまち青森県ナンバーワンを目指して健康づくりに取り組む」と宣言し、続いて市民代表が5点の取り組み目標を読み上げました。その後、津軽弁バージョンのラジオ体操が行われ、来場者全員で立ち上がって体を動かしました。
 また、中路重之弘前大学大学院医学研究科長による「短命県返上に繋がる健康づくりとは」と題した基調講演が行われ、若い世代への健康教育や地域の健康リーダーの活躍の重要さを説きました。

健康づくり宣言市民大会

 

10月23日

社会教育委員表彰

 武田英子氏(本町)が東北地区社会教育委員連絡協議会から表彰を受けることになり、市役所尾上総合支所で伝達式が行われました。長年にわたる社会教育の振興と発展に尽力した功績が評価されたためで、武田さんは「みんなに助けられて長年委員を務めていられる」と感謝の気持ちを述べました。

社会教育委員表彰伝達式

 

10月23日

市長の企業訪問

 市企業連絡協議会の主催で市長の企業訪問が行われました。この企業訪問は毎年行われており、今回は(株)日本マイクロニクス青森工場、カネショウ(株)、総合パッケージ(株)東北工場、環境保全(株)の4か所を訪問しました。長尾市長はそれぞれの企業で製品等について説明を受けると、実際に手に取りながら、その出来を確認していました。

市長企業訪問

 

10月20日

「大相撲平川場所」開催契約調印式

 市制施行10周年記念事業として行われる夏巡業・大相撲平川場所の契約調印式が市役所で行われました。 大相撲平川場所は来年8月17日にひらかドームを会場に行われ、入場券は市民に先行販売される予定です。契約調印式には日本相撲協会の千田川親方が出席し「一人でも多くの方に来ていただき、力士と触れ合ってほしい」と述べました。

大相撲平川場所契約調印式

 

10月19日

秋の火災予防運動

 10月19日から始まった秋の火災予防運動の一環として、平賀駅前で防火パレードが行われました。
 パレードには幼年消防クラブに所属する市内の5保育園・幼稚園をはじめ、一日消防士の委嘱を受けた柏木農業高等学校生、防火関係団体ら約220人が参加し、火災への注意を呼びかけました。

秋の火災予防運動

 

10月18日

弘南鉄道ふれあい感謝祭

 10月18日の「鉄道の日」に合わせ、弘南鉄道平賀駅で「弘南鉄道ふれあい感謝祭」が開催され、多くの親子連れや鉄道ファンでにぎわいました。 駅前広場でミニSLの乗車体験やグッズ販売が行われたほか、車両基地では2両編成の電車との綱引き対決や線路を滑走するレールバイクの乗車体験などが行われました。また、正面にキャラクターをラッピングしたラッセル車がお目見えし、参加者はこぞって記念撮影していました。

弘南鉄道ふれあい感謝祭

 

10月18日

棟方志功展開会セレモニー

 平川市市制施行10周年記念事業として「棟方志功展―東涌西没(とうゆうさいもつ)の世界―」の開会セレモニーが文化センターで行われました。 この展示は棟方志功と平川市のつながりを広く知ってもらおうと、開館40周年を迎える棟方志功記念館の協力で実現したもので、一般公開されない棟方志功の貴重な墨書のほか、棟方の親友で民芸運動の中心的人物だった故・相馬貞三氏(唐竹)に贈った書も展示されています。見学者たちは棟方の作品から多様な世界観にふれていました。

棟方志功展

 

10月17日

平賀西中学校創立50周年記念式典

 平賀西中学校が創立50周年を迎え、同校体育館で記念式典が行われました。平賀西中学校は昭和40年に柏木中学校と大光寺中学校が統合・合併により開校し、これまで9,437人の卒業生を輩出しました。 生徒会長の岩渕優太くんは「西中魂を胸に伝統を絶やさず受け継いでいく」と述べ、更なる発展を誓いました。式典の最後には全校生徒で「ふるさと」や校歌などを斉唱しました。

平賀西中学校創立50周年

 

10月16日

りんご盗難防止合同パトロール

 りんご収穫の最盛期を迎え、黒石地区防犯協会と黒石警察署がひらかドームでりんご盗難防止合同パトロール出動式を行い、津軽みらい農協をはじめ、周辺市町村の関係者など約60名と車両27台が参加しました。 出動式後のパトロールでは、今井勝美さん(尾崎)の農地に長尾市長と佐々木黒石警察署長が訪れ、りんご盗難防止のチラシを手渡しました。

りんご盗難防止合同パトロール

 

10月11日、12日

ひらかわスポーツフェスティバル

 体育の日である10月12日に合わせ、市内の運動施設4か所で「ひらかわスポーツフェスティバル」が開催され、参加者たちはさわやかな汗を流しました。
 11日には平賀テニスコートで先行イベントとして「トップ選手によるソフトテニス教室」が開催され、小中学生72人が国内トップ選手の技術を学びました。

ひらかわスポーツフェスティバル

 

10月6日

平川市産100%カレー給食会

 市内全13小中学校で、平川市産の牛肉と野菜を100%使用したカレー給食会が行われました。この給食会は食育推進活動の一環として、南八甲田高原野菜生産組合などの協力を得て行われています。
 このうち、竹館小学校では児童128人と長尾市長、生産者らが参加し、美味しいビーフカレーに舌鼓を打ちながら地産地消への理解を深めました。

カレー給食会

 

10月3日、4日

地場産品&食育フェア「ひらかわフェスタ2015」

 ひらかドームで「ひらかわフェスタ2015」が開催されました。市内の事業者の他、鹿児島県南九州市から南さつま農業協同組合が出展し、農産物等を買い求める多くの人で賑わいました。
 4日の「津軽の桃の加工品ふるまい」では、地元の桃を用いた大福や水ようかんが約300人に振る舞われました。このほか、平川市産の牛肉と野菜を使った地産地消カレー販売や食育推進キャラクター「ひらかわ元気ファミリー」の寸劇、豪華ゲストによるショーが行われました。

ひらかわフェスタ2015

お問い合わせ

総務課
行政係
電話:0172-44-1111(内線1342・1350)
ファクシミリ:0172-44-8619