第2次平川市食育推進計画(平川市地産地消促進計画)

2015年4月3日

 市では、食育基本法(平成17年7月15日施行)に基づき、「平川市食育推進計画」(平成22年3月)及び「平川市食育行動プラン」(平成22年10月)を策定し、平成22年度から平成26年度までの5年間を計画期間として食育の推進に取組んできました。
 
第1次計画の計画期間が平成26年度で終了したことから、第1次計画での課題やめまぐるしく変化する食環境に対応し、継続的に食育の推進及び地産地消を促進するため、平成27年3月に「第2次平川市食育推進計画(平川市地産地消促進計画)」を策定しました。

  

 第2次平川市食育推進計画(平川市地産地消促進計画).pdf(1.78MBytes)

 

計画策定の趣旨

計画のねらい

・平川市食育推進計画は、食育基本法に基づき、平川市民が心身の健康を確保し、生涯にわたっていきいきと暮らすことができるようにするため、平川市全体で推進する食育の基本事項を定めるものです。

・平成22年に市が策定した「第1次計画」(平成22年度から平成26年度)の計画期間中では、家庭と学校、地域が協力・連携し、社会全体で食育推進の取組に努めてきました。これにより着実に市民への食育は推進されてきました。

・食を取り巻く環境がめまぐるしく変化している現状から、常に食に関する正確な情報の伝達が求められており、今後も継続した食育推進を必要としています。

・このような状況を踏まえ、「第1次計画」に基づいた取組の成果や食育推進協議会からの意見をもとに、「第1次計画」の基本的な考え方、方向性を継承し、平川市民が心身の健康を確保し、生涯にわたっていきいきと暮らすことができるまちづくりをめざし、「第2次計画」を策定します。

 

第1次計画からの修正点

・目標項目及び目標値の見直し
 第1次計画の食育行動プランで定めた目標項目を継続するほか新たな目標項目を追加し、目標値は第1次計画の成果と課題を踏まえて見直しを行いました。

・「食育推進計画」と「食育行動プラン」の一本化
 食育行動プランは、「食育」を共通のテーマとして、市民一人ひとりが、自らの食について考える習慣や食に感謝する心、食に関するさまざまな知識、食を選択する判断力を正しく身につけるための活動や学習をする際の具体的な取組みを提示したものです。
 「第1次計画」と「食育行動プラン」は分冊となっていますが、利便性の向上を図るため、「第2次計画」に行動プランの内容を盛り込む形で一本化しました。

 

計画の位置づけ

 この計画は、食育基本法第18条第1項に規定する「市町村食育推進計画」及び地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(六次産業化法)第41条第1項に規定する「地域の農林水産物の利用の促進についての計画」に位置づけます。
 また、計画の実施にあたっては、既存の関連計画等と連携しながら、市の食育を推進していくこととします。 

 

計画の期間

 平成27年度から平成31年度までの5年間とします。
 なお、社会情勢の変化などにより見直しが必要となった場合は、関係機関、団体等の意見を得て必要な見直しを行います。

 

「第1次平川市食育推進計画」及び「平川市食育行動プラン」

 第1次平川市食育推進計画.pdf(2.86MBytes)

 平川市食育行動プラン(第1次計画分).pdf(523KBytes)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

関連ワード

お問い合わせ

農林課
食産業振興係
電話:0172-44-1111(内線2177)
ファクシミリ:0172-43-5005