「人・農地プラン」について

2017年3月13日

~人・農地プランとは~

 

○人と農地の問題を解決するための「未来設計図」です。

  地域が抱える人と農地の問題解決のため、地域における話合いによって、以下について決めていただきます。

  1.今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農)について

 2.地域の担い手は十分確保されているか

 3.将来の農業のあり方

 4.3にむけての農地中間管機構の活用方針

 5.近い将来の農地の出し手の状況

 6.地域農業のあり方(生産品目明確化、経営の複合化、6次産業化等)

○人・農地プランの中心となる経営体に位置付けられると、以下のような支援が受けられます。((注)それぞれ要件があります。)

 1.青年就農給付金(経営開始型) (平成29年度より農業次世代人材投資資金)

 2.スーパーL資金の金利負担軽減措置

 3.経営体育成支援事業(融資主体型補助)

○人・農地プランは随時、見直すことが出来ます。

 ・新規就農者が新たに出てきたとき

 ・集落営農、法人を立ち上げ、中心となる経営体となるとき

 ・引退を決意して、農地を手放そうとするとき

 ・その他地区での話合いが必要となったとき

○市による検討会の開催について

 市では、地区の座談会を受けてプランの原案を作成し、農業関係機関や農業者の代表で構成する検討会を開催します。

 検討会の審査の結果適当と判断されたものは、市が「人・農地プラン」として決定します。

 【平成28年度の検討会】

  開催日      平成29年3月2日(木曜日)

  対象地区     平川市全域(16地区)

  検討会構成員  平川市1名、平川市農業委員会1名、津軽みらい農業協同組合1名、つがる弘前農業協同組合1名、

                         中南地域県民局農林水産部農業普及振興室1名、認定農業者の代表1名、女性農業者の代表3名、

                         農山漁村の女性2名     計11名

  議事の内容   地区別「人・農地プラン」の見直しについて

 

  各地区の協議結果 検討会において審査した結果適当と認められたので、人・農地問題解決加速化支援事業実施要綱に基づき次のとおり公表します。

 

   平賀1  平賀1.pdf(320KBytes)  

   平賀2  平賀2.pdf(366KBytes)

   平賀3  平賀3.pdf(346KBytes)

   平賀4  平賀4.pdf(303KBytes)

   平賀5  平賀5.pdf(297KBytes)

   平賀6  平賀6.pdf(289KBytes)

   平賀7  平賀7.pdf(298KBytes)

   平賀8  平賀8.pdf(385KBytes)

   平賀9  平賀9.pdf(327KBytes)

   平賀10 平賀10.pdf(302KBytes)

   平賀11 平賀11.pdf(368KBytes)

   尾上1  尾上1.pdf(334KBytes)

   尾上2  尾上2.pdf(307KBytes)

   尾上3  尾上3.pdf(336KBytes)

   尾上4  尾上4.pdf(369KBytes)   

   碇ヶ関1 碇ヶ関1.pdf(345KBytes)

 

関連リンク

 農林水産省 人・農地プラン(地域農業マスタープラン)

 

PDF形式のファイルをご利用いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください

          

 

 

 

 

お問い合わせ

農林課
農業振興係
電話:44-1111(内2172)