「ひらかわ元気ファミリー」レシピコンテスト審査結果について

2014年11月13日

「ひらかわ元気ファミリー」レシピコンテスト結果発表!

 

市産農産物の消費拡大を目的に「ひらかわ元気ファミリー」5兄弟のモチーフとなった、リンゴ、コメ、ダイコン、ニンジン、トマトの農産物を指定食材として1品以上使ったオリジナルレシピを募集し、「ひらかわ元気ファミリー」レシピコンテストが開催されました。

 

コンテストには、北海道や大阪府などの全国各地から35件の応募があり、高橋宏之審査員長(南田温泉ホテルアップルランド洋食料理長)ら5人の審査員による予備審査(書類審査)を通過した5作品により、ひらかわフェスタ2014イベント会場で本審査と表彰式が行われました。

本審査では、審査員による試食審査と来場者の投票が行われ、最多得点を獲得した「柏農イガメンチーム」の『いがメンチ ライスバーガー』が最優秀賞に決定しました。

 

表彰式2.JPG

  

表彰式1.JPG  審査会の様子.JPG

  

get_adobe_reader.png

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

 

 

 

 

 

最優秀賞 「いがメンチ ライスバーガー」 柏農イガメンチーム(青森県平川市)

 

【最優秀賞】いがメンチ ライスバーガー.jpg

 

 【材料(4人分)】

 

1.いがメンチバーグ材料

(1) イカ又はイカゲソ360g (2) たまねぎ200g (3) ニンジン80g (4) リンゴ40g

(5) レタス4枚 (6) 1個 (7) 塩小さじ1 (8) 小麦粉45g (9) サラダ油少々

2.ライス

(1) 白米150g(1) (2) 紫黒米大さじ1

3. ソース

(1) 清水森ナンバ味噌 ※市販の南蛮味噌でも代用可 (2) マヨネーズ

 

 ★清水森ナンバ味噌販売店

 「JA津軽みらい産直センターひらか(アグリアス)」 平川市小和森上松岡211-1 Tel:0172-44-1831 

 

 ★紫黒米販売店

 「四季の蔵もてなしロマン館」 平川市猿賀石林10-1 Tel:0172-43-5610

 「JA津軽みらい尾上特産物直売所」 平川市日沼富田10-19 Tel:0172-57-5510

 「山小舎」 平川市猿賀石林162-1 Tel:0172-57-3471  (注)土日のみ営業

 

 【作り方】

 

1.いがメンチバーグを作る

 (1) たまねぎ・ニンジン・リンゴをそれぞれみじん切りにする。(2mm程度)・・・A

     (注)フードプロセッサ使用可

 (2) イカの身またはゲソを4mm程度の大きさにする。・・・B

     (注)フードプロセッサ使用可

 (3) AとBをボール等に入れ、塩小さじ1と小麦粉45gに卵を1個入れて混ぜ合わせる。

 (4) 混ぜ合わせた具材を、ハンバーグにして焼き上げる。

2.ライスの準備

 (1) 白米1合に紫黒米を大さじ1杯加えて炊飯する。

 (2) 炊き上がったら、ハンバーグぐらいの大きさに成型する。

 (3) 成型したものを、オーブントースター又はフライパンで焦げ目がつく程度焼く。

3.仕上げ

 (1) 成型したライスを準備。

 (2) レタスを適当な大きさにして1枚のせる。

 (3) いがメンチバーグをのせる。

 (4) ソースを付ける。(清水森ナンバ味噌1:マヨネーズ1をまぜたもの)

 (5) 成型したライスをのせる。

 

 【コメント】

 

 私たちは昨年、青森県の食材を利用して「めじゃーイガメンチ棒」で第2回ご当地!絶品うまいもん甲子園に出場し、東北大会で優勝。全国大会に出場することができました。

 今回は、イガメンチをハンバーグにしたものを、紫黒米入りのライスではさみバーガーにしました。

 最近は全国的に米の消費量が減ってきたようですが、ライスバーガーにすることで多くの若者たちにも食べてもらえると思います。

 ソースは清水森ナンバ味噌にマヨネーズを混ぜ、ほのかな辛さと風味で食欲をそそります。

 おいしいですよ。

 

 
 印刷用レシピはこちら
【最優秀賞】いがメンチ ライスバーガー.pdf(281KBytes)


 

優秀賞 「もちもちこめぷりんゴソース」 佐藤朋子さん(秋田県能代市)

 

【優秀賞】もちもちこめぷりんゴソース.JPG

 

 【材料(4人分)】

 

 (1) 豆乳(無調整)300g (2) 水200g (3) 砂糖50g (4) はちみつ20g (5) 米粉50g  

 (6) りんご1個 (7) 砂糖50g (8) レモン汁大さじ1弱  ※(6) ~ (8) は市販のリンゴジャムでも代用可

 

 【作り方】

 

 (1) 鍋に粉類を全て入れて混ぜ、水を少しずつダマにならないように混ぜながら加える。

 (2) はちみつ、豆乳も加えてよく混ぜる。

 (3) 弱火にかけ、焦げないように混ぜながら加熱する。

 (4) 粘りがでるまで加熱し、容器に移してあら熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

 (5) りんごジャムを作る。(市販のりんごジャムでもOKです)

     りんごは皮をむいてお好みの大きさにカットし、砂糖、レモン汁を入れて火にかける。

     皮をいれるとほんのりピンクでかわいいです。

 (6) 20分ほど煮込み、そのまま冷まして完成。

 (7) 米粉プリンにりんごジャムを添えて食べます。

 

 【コメント】

 

 ひらかわのおいしいお米の米粉を使ってスイーツができないか考えました。

 もちもちぷるんとした食感で、とてもおいしいのでみなさんにも知ってもらいたくて応募しました。

 このスイーツは、小麦粉、卵、乳不使用なので、アレルギーのお子さんにも食べていただけます。

 平川市のみなさんのお宅に必ずある材料で、手軽に作っていただけます。

 コレステロールも低く、お年寄りにも優しいスイーツです。

 

 印刷用レシピはこちら【優秀賞】もちもちこめぷりんゴソース.pdf(520KBytes)
 

優秀賞 「ひらかわまるごと炊き込みご飯」 ひらかわ元気もりあげ隊(青森県平川市) 

 

【優秀賞】ひらかわまるごと炊き込みご飯.jpg

 

 【材料(4人分)】

 

 (1) お米2合 (2) トマト1個 (3) リンゴ1個 (4) ニンジン1/2本 (5) ダイコン100

 (6) にんにく5 (7) 鮭フレーク160g (8) リンゴジュース(100%)1.5合目まで

 (9) コンソメ小さじ1杯 (10) オリーブ油大さじ1杯

 

 【作り方】

 

 (1) トマトの表面に包丁で十字の切り込みを入れる。
 (2) 沸騰したお湯の中にトマトをくぐらせる。
 (3) トマトの薄い皮をむく。
 (4) リンゴを角切りにする。
 (5) ニンジン、ダイコンを千切りにする。
 (6) 切った野菜とコンソメ、オリーブ油、にんにくを入れ、

     1.5合目の目盛までリンゴジュースを入れて30分浸してから炊く。
 (7) 炊き上がったら鮭フレークを入れてまぜる。

 

 【コメント】

 

 私たちは何の食材を用いればいいのか考えたとときに、どれも素晴らしい食材で選ぶことができないと思いました。

 そこで、すべての食材を用いてなにか作ろうと考え、炊き込みご飯であればすべての食材をおいしく食べることができると思い作りました。
 最初は、すべての食材が調和のとれたものにするために配分を何回か試作してみました。

 最終的に、トマトなど野菜の旨味と鮭の旨味が相乗効果となってとてもおいしい炊き込みご飯に仕上がりました。

 

 印刷用レシピはこちら【優秀賞】ひらかわまるごと炊き込みご飯.pdf(240KBytes)


 

優秀賞 「ひらりん・トマピーのなかよしジュレ」 中澤瑠莉さん(青森県平川市)

 

【優秀賞】ひらりん・トマピーのなかよしジュレ.jpg

 

 【材料(4人分)】

 

 (1) りんご3個(900g) (2) トマト3個(450g) (3) みつば(少々) (4) 寒天8g(4g×2) 

 (5) 食塩6g(2g×3) (6) 水650cc 

 

 【作り方】

 

 (1) りんご3個を1/4の大きさに切り、皮をむいて500ccの水と食塩2gで作った塩水つけておく。・・・A
 (2) トマト3個を1/4の大きさに切り、へたと種を取っておく。・・・B
 (3) Aに水50ccを加えミキサーにかける。Bに水100ccを加えミキサーにか
ける。・・・C
 (4) Cでできたものをそれぞれ別々にして裏ごしする。
 (5) 裏ごししたりんごとトマトのそれぞれに寒天4g、食塩2gを加えて加熱し、寒天を
煮溶かす。
 (6) りんごとトマトを別々のバットに流し込み、冷やして固める。・・・D
 (7) Dが固まったら、フォークで砕いてジュレ状にする。・・・E
 (8) Eをりんご:トマト:りんごの順に1:1:8になるように透明なコップに盛り付ける。
 (9) みつばをのせて完成。

 

 【コメント】

 

 りんごもトマトも栄養満点の食材です。

 平川特産の果物と野菜をミックスしたデザートを考えてみました。トマトの味がとても強かったので、りんごと同じくらいの味の強さにするのに苦戦しました。

 容器はデザートの色を活かしたかったので、透明なコップに入れてきれいに見えるように工夫しました。
 しっかりものの長女ひらりんと、天真爛漫な次女トマピーのコラボ。

 ぜひご賞味ください!

 

 印刷用レシピはこちら【優秀賞】ひらりん・トマピーのなかよしジュレ.pdf(262KBytes)


 

優秀賞 「柏農発スタミナラーメン~完熟トマトかしわみそ月見ラーメン~」 食品製造班(青森県平川市) 

 

【優秀賞】柏農発スタミナラーメン.jpg

 

 【材料(4人分)】

 

 (1) 麺4人分 (2) 完熟トマト(桃太郎)大12個(3個×4人分)

 (3) 柏農かしわみそ大さじ4(大さじ1×4人分) (注)市販の肉みそでも代用可

 (4) 柏農平飼卵(あすなろ)4個(1個×4人分) (注)市販の卵でも代用可

 (5) サラダ油適量

 

 ★柏農かしわみそ販売店 

 「青森県立柏木農業高等学校」 平川市荒田上駒田130 Tel0172-44-3015

 「JA津軽みらい産直センターひらか(アグリアス)」 平川市小和森上松岡211-1 Tel:0172-44-1831

 

 ★柏農平飼卵(あすなろ卵)販売店

 「青森県立柏木農業高等学校」 平川市荒田上駒田130 Tel:0172-44-3015

 「四季の蔵もてなしロマン館」 平川市猿賀石林10-1 Tel:0172-43-5610

 「山小舎」 平川市猿賀石林162-1 Tel:0172-57-3471  (注)土日のみ営業

 

 【作り方】

 

 (1) 完熟トマト(大)のへた等を取り除き、実の部分を細かく切る。

 (2) フライパンに油をしき、トマトを10分程度強火で煮る。・・・A

 (3) Aをこし器でこして、種子、皮、繊維等を取り除く。・・・B

 (4) Bをフライパンに移し、中火にして柏農かしわみそを入れながら溶かす。

     完熟トマトかしわみそスープの完成
 (5) 麺を熱湯で茹で(生麺の場合約2分)、水分を切ってからスープの
に入れる。
 (6) 最後に卵をのせて完成。

 

 【コメント】

 

 柏農で生産されている完熟トマト(桃太郎)、かしわみそ、平飼卵(あすなろ)を使用した栄養たっぷりのラーメンです。
 野菜部門で生産されている完熟トマトには、抗酸化作用があるリコピンが大量に含まれています。

 このリコピンは油に溶けやすく熱に強いので、油を使ってリコピンを多く抽出するようにしました。

 トマトとみそは相性がよく、特に食品製造部門で生産されている柏農かしわみそには、昆布、鰹節などのだしも含まれているので、この2つでスープを作りました。

 また、畜産部門で生産されている平飼の「あすなろ」は数少ない国産種で青卵殻なので月見に使用してみました。

 

 
 印刷用レシピはこちら【優秀賞】柏農発スタミナラーメン.pdf(299KBytes)
 
 
 

お問い合わせ

農林課
食産業振興係
電話:0172-44-1111(内線2177)
ファクシミリ:0172-43-5005