平成26年全国消費実態調査が行われます。

2014年7月4日

平成26年全国消費実態調査とは

本年9月から11月までの3ヶ月間にわたり、平成26年全国消費実態調査が実施されます。

本調査は、5年に1度行われる基幹統計調査であり、調査の結果は国や県の各種行政施策や経済・社会施策の基礎資料、消費・経済分析の貴重なデータ等、広く活用されます。

調査員は必ず「調査員証」を携帯しておりますので、不審に思われた場合は、提示を求めるか市企画財政課までご連絡ください。

調査の趣旨をご理解の上、調査票にご協力くださいますようお願いいたします。

 

調査対象地域

 

・中佐渡及び猿賀の一部

・町居及び小和森の一部

 

(注)調査対象地域の選定については、総務省統計局において行われております。 

調査期間

 7月下旬~12月上旬まで調査員が世帯を訪問します。

 調査票の配布は8月下旬より開始されることとなっておりますが、調査地域の世帯確認のため、調査員が7月下旬より対象地域の全世帯を訪問し、世帯主の氏名などをお尋ねしますので、調査員がご自宅を伺った際には調査へのご協力をよろしくお願いいたします。

 

調査方法

 ・調査対象となった世帯に対し、調査員が8月下旬より調査票を配布し、回収に伺います。

 ・オンラインによる回答も可能です。

 

 

詳しくは、こちら(総務省統計局のホームページ)よりご確認ください。

お問い合わせ

企画財政課
企画調整係
電話:0172-44-1111(内線1434)