台風18号による被害を受けられた市民の方へ

2013年10月1日

市税等の相談窓口の開設について 

              

 

 

先般の台風18号(9月中旬)により被害を受けられた方は、市税等の納税猶予や減免を受けることができる場合があります。

つきましては、以下のとおり、市税等に関する相談窓口を開設しますので、ご相談ください。

 

 

【 納税猶予及び減免の対象となるもの】

個人の市県民税の所得割額 (営業、農業及び不動産所得分)

国民健康保険税の所得割額 (      〃      )

第1号被保険者の介護保険料 (      〃      )

後期高齢者医療保険料   (      〃      )

固定資産税

 

 

【 減免の対象となる方】 以下のいずれかに該当する方

(1)今回の被害で、今年の収入が、平年収入(過去3か年平均)に比べて、3割以上減収となる方で、著しく生活が困難となった方

(2)建物及び償却資産に被害があった方(例:床上浸水、屋根や内・外壁の損害等) 

 

 

【 持参するもの 】

印鑑(認印でも可)      

介護保険被保険者証(該当者のみ)

(注) 被害の状況等が分かるものがあればご持参ください。

 

 

【 開設場所、期間 】

場 所  本庁 税務課

     (注) 当日は、税務課のほか、関係課の担当者も対応します。

期 間  平成25年10月16日(水)から10月31日(木)まで

(注)    午前8時15分から午後5時まで。土・日曜日を除く。

 

関連ワード

お問い合わせ

税務課
住民税係
電話:44-1111(内線 1243、1245)