子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えについて

2013年6月18日

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えについて  

 

 

平成25年6月14日より積極的勧奨が差し控えられることとなりました。

  
 平成25年6月14日に行われた第2回予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会及び第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、予防接種の副反応について専門家による分析・評価が行われました。
 この結果、予防接種法に基づく、子宮頸がんワクチンの接種については、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。
 接種対象年齢の方は、これからも今までと同様に医療機関での接種を無料で受けることができますが、市からの接種を勧奨する文書などの送付を一時的に差し控え、接種を希望される方のみ接種を受けていただくこととなりました。
 今後、早急に調査すべきとされた副反応症例について、国が可能な限り調査を実施した時点で、速やかに専門家による評価を行い、積極的な勧奨の再開の是非を改めて判断されることになります。

 

 

厚生労働省パンフレット

 
子宮頸がんワクチンの積極的な接種勧奨について.jpg

お問い合わせ

健康推進課
母子保健係
電話:0172-44-1111(内線1143・1144)