水道管の凍結にご注意を!

2017年4月13日

水道管の凍結にご注意を!

冬は、気温の低下により水道管の凍結や破裂が予想されます。マイナス4度以下になると水道管が凍結し、破裂することがあります。
冬期間は水道管が凍らないように凍結防止対策をお願いします。

凍結防止対策

水道管を保温する
  水道管や蛇口の部分を身近にある布や毛布などを巻いて保温し、水が入らないようビニールテープで固定する。
 
水抜き栓を使って水道管の水を抜く
  水抜き栓を完全に閉めて、蛇口を全部開ける。しばらくして「スー」と空気が入ったのを確認し、音が聞こえなくなってから蛇口を閉める。
  夜間や長い期間使わないときは、水抜き作業を行いましょう。

凍結したときは

無理に蛇口などを開けないで下さい。 蛇口など露出している部分にタオルや布を巻いて、お湯を少しづつかけて下さい。
軽い凍結の場合は、これで水が出ます。
どうしても直らない時や破裂したときは、水抜き栓を閉めて、市が指定している指定給水装置工事業者へ連絡して下さい。

 

(注)碇ヶ関地区(碇ヶ関、久吉、古懸)は、久吉ダム水道企業団の管轄になります。

   電話番号:48-2229

関連ワード

お問い合わせ

上下水道課
工務係
電話:0172-44-1111(内線1121・1122)