不法投棄はやめましょう!

2011年8月15日
 地上デジタル放送への移行に伴い、不要となったテレビの不法投棄や、家電リサイクル対象の冷蔵庫、エアコン、洗濯機などの不法投棄が年々増加しております。
 家電製品が不法投棄されると、景観が損なわれるほか、重金属などの有害物質が土壌を汚染し、環境にも多大な影響を及ぼしますので、適正なリサイクルにご協力をお願いします。

 平山万貴人.jpg 
 
 平成22年度平川市ごみゼロキャンペーン環境ポスター優秀作品
 タイトル「ごみのポイ捨てをやめて」 (碇ヶ関小学校 6年 平山万貴人くん)


適正な排出方法

 買い替えなどで、不要となった家電リサイクル対象品の処分については、「家電リサイクル法」に基づきリサイクル料金を支払い、適正に処分しましょう。

(1)購入した店に処理を依頼する。 (リサイクル料金、別途収集運搬経費がかかる場合があります。)

(2)郵便局でリサイクル料金を支払い、指定引取場所へ持ち込む。 (リサイクル料金のみ)

  平川市近郊の指定引取場所 
 
会社名 住所 電話番号 FAX番号
日本通運(株)弘前支店自動車課 弘前市大字新里字中平岡25番地1 0172-27-0881 0172-26-1946
東北東京鐵鋼(株)弘前営業所 田舎館村大字川部字下船橋64番地3 0172-58-4725 0172-58-4726







(3)一般廃棄物収集運搬業者へ処理を依頼する。 (リサイクル料金及び収集運搬経費がかかります。)

  一般廃棄物処理業許可業者(平川市).PDF(105KB)

(注)家電リサイクル対象品の収集運搬を取り扱っていない業者もありますので、ご確認ください。


(注)違法な不用品回収業者にご注意ください!!
  許可を持たない業者から料金を請求されてトラブルになったり、業者が回収した廃棄物を不法投棄や不正輸出する事例が発生しています。(家庭の廃棄物を回収するには、一般廃棄物処理業の許可が必要です)


対象廃棄物(家電4品目)及びリサイクル料金

 対象廃棄物のリサイクル料金は、品目、メーカー、大きさなどによって異なります。

 
  対象廃棄物(家電4品目) (リンク先 産業経済省ホームページ)


  リサイクル料金(再商品化等料金)一覧 (リンク先 財団法人家電製品協会発行 PDF)


不法投棄の罰則

 不法投棄は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金またはその両方が科せられます。(法人の場合は、3億円以下の罰金が科せられます。)
 

不法投棄された廃棄物の処理

 自分の土地に不法投棄が行われ、投棄した者が判明しない場合は、土地所有者(管理者)が撤去しなければなりません。
 不法投棄を未然に防ぐため、自分の所有(管理)する土地は十分な管理をお願いします。



  
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


 

お問い合わせ

市民課
環境衛生係
電話:0172-44-1111(内線1225)
ファクシミリ:0172-44-8619