碇ヶ関開発株式会社(サービス業)

2015年10月15日

1.企業概要

代表者 代表取締役社長  古川 洋文 観光館
従業員数 50名(パート社員含む)
創業・設立年 平成10年3月16日
資本金 2,000万円
住所 青森県平川市碇ヶ関碇石13番地1
電話番号 0172-49-5020
ファックス番号  0172-49-5021
ホームページ http://ikarigaseki.com/
電子メールアドレス michi-ikarigaseki@swan.ocn.ne.jp

2.企業の特徴

1.道の駅、共通の機能である、利用者休憩・情報発信・地域間交流の利用促進。
2.平川市、指定管理契約の基、JR碇ヶ関駅、屋内プール、コテージ運営、温泉施設等経営しています。

3.主要製品・サービスなど

1.地域特産品のリンゴ、タケノコ、自然薯、マルメロ、その他各種山菜が豊富です。
2.お客さま満足度向上を目指して、アンケートの設置、職場研修の実施。

 

製品紹介   
自然薯そば まるめろ姫の甘ずっぱい恋 マルメロチキンカレー
自然薯そば1570円 マルメロ姫の甘ずっぱい恋1200円 マルメロカレー
碇ヶ関特産の自然薯を麺に練りこんだ、独特のコシの強さと食感が人気の商品です。 マルメロジャムをパイ生地で包みあげました。ちょっと甘ずっぱいまるめろパイとカスタードクリームを加えたソフトな甘さの2つの味が楽しめます。 鶏肉は常盤赤肉という良い空気、良い水、良い飼料で育てた安心安全な鶏を使用しています。辛味の中にもフルーティな甘さと誘惑の香りをお楽しみください。

 

4.仕事の様子

観光館売店 直売所コーナー 彩里ウエートレス 温泉交流館御仮屋御殿

 

5.代表よりひとこと

代表取締役社長 古川 洋文

 「道の駅」いかりがせき 津軽「関の庄」は平成1210月に完成した、青森県平川市碇ヶ関地区の道の駅です。庄屋屋敷をイメージして建てられた外観は、冠木門(かぶきもん)を中心に落ち着いた佇まいを見せています。ここ碇ヶ関は秋田県境まで近いこともあって、3割以上が県外からのお客様です。

 観光文化館メーンの文化観光館には売店・レストラン、採れたて新鮮野菜がならぶ特産品直売所、掛け流しの温泉が楽しめる関の庄温泉、冬でもプールが楽しめる屋内プールゆうえい館、その他、足湯、関所資料館が隣接し、お一人様からご家族の方々まで十分楽しむことができます。

 

6.わが社が求める人材について

 

1.現人材の育成のための研修を実施、人材は求めるのでなく先ずは育てることから、現場実践研修において磨きあげます。

2.マンネリ化防止のため職場間ローテーションの実施及び経験者採用等の投入による相乗効果を図っています。

 

7.その他、PRコメント

 便利な道の駅から人の輪が広がる交流ステーション基地へ。

8.会社見学について

会社見学(可)
 連絡先:碇ヶ関開発株式会社 電話番号:0172-49-5020

お問い合わせ

商工観光課
商工係
電話:0172-44-1111(内線2182)