議員とは

2017年10月6日

 市議会議員は、4年ごとに行われる選挙(せんきょ)で選ばれる市民の代表です。議員になることができる人は投票日当日の年齢が25才以上、選ぶこと(投票)ができる人は18才以上の平川市民と決まっています。つまり、25才以上の平川市民であれば、議員に立候補することができます。


 平川市議会議員の定数(人数)は、地方自治法(ちほうじちほう)により、人口に応じて上限が定められており(平川市の上限は26人)、条例で決められています。平川市の定数は20人です。

 現在の議員の任期は、平成27年8月1日から平成31年7月31日までです。

議長(ぎちょう) と 副議長(ふくぎちょう)

 市役所の代表者が市長であるのと同じく、議長が市議会の代表者です。議長と副議長は、議員の中から選ばれます。
 議長は議会を代表し、議会の中心となって話し合いを進めたり、市議会を代表していろいろな会議に出席します。
 副議長は、議長が欠けたときや、病気や出張などで不在のときに、議長の代わりを努めます。

会派

 市議会の意思は、多数決で決めます。そこで、同じような考え方や意見をもつ議員がグループをつくって活動すれば、自分達の考えをより効果的に市政に反映させることができます。このグループを会派と呼んでいます。
 現在、平川市議会には((注)順不同)誠心会(せいしんかい)、活政会(かっせいかい)、新風の会(しんぷうのかい)、一心会(いっしんかい)の4つの会派があります。

議会事務局

 市議会の事務を処理するため、議会事務局が置かれています。事務局では、議長の指示のもとに会議の準備や記録の作成、議会活動に必要な調査や資料の収集などを行っています。

お問い合わせ

議会事務局
議事係
電話:0172-44-1111(内線1512)