子どもの予防接種について

2017年4月26日

大切なお子さんを感染症から守るため、予防接種を受けましょう!

 定期の予防接種は、種類や回数・対象年齢などが法律で定められています。決められた年齢(月齢)と接種間隔を守って接種しましょう。
(対象年齢外の受け方は、任意接種となります)標準的な接種間隔は、感染症にかかりやすい年齢において予防する観点から、
接種が望ましいとされる年齢や接種間隔です。できるだけ、標準的な接種間隔で受けましょう。

接種対象年齢、標準的な接種開始時期、接種間隔について


ワクチン名・接種対象年齢

おすすめする接種開始時期
※ヒブ・小児用肺炎球菌につ
いて
は、接種開始時期ごとの
接種
方法を記載しています。

回数と標準的な接種間隔

B型肝炎(1歳未満) 

生後2か月~3か月の間に2回
生後7か月~8か月の間に1回

3回:1回目から27日以上の間隔をあけて2回目を接種。3回目は1回目から139日以上をあける

 

ヒブ(Hib感染症)
(生後2か月~5歳未満)

 

生後2か月~7か月に開始した方  初回 3回:27日~56日の間隔をおいて
 追加 1回:初回(3回)終了後、7か月~13か月の間隔をおいて   

生後7か月~1歳未満に開始した方

 初回 2回:27日~56日の間隔をおいて
 追加 1回:初回(2回)終了後、7か月~13か月の間隔をおいて
1歳から5歳未満に開始した方  1回

 小児用肺炎球菌
(生後2か月~5歳未満) 

生後2か月~7か月に開始した方  初回 3回:27日以上の間隔をおいて(2、3回目は生後1歳まで)
 追加 1回:生後1歳~1歳3か月までに (初回終了後60日以上の間隔をおいて)

生後7か月~1歳未満に開始した方

 初回 2回:27日以上の間隔で(2回目は生後1歳まで)
 追加 1回:初回終了後60日以上の間隔をおいて

1歳から2歳未満に開始した方

 2回:60日以上の間隔をおいて

2歳から5歳未満に開始した方

 1回

 四種混合
(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)           
(生後3か月~7歳6か月未満)

 生後3か月~1歳の間に3回

 1期初回 3回:20日~56日の間隔をおいて
 1期追加 1回:初回(3回)終了後1年から1年6か月の間隔をおいて

(注)三種混合ワクチンとポリオワクチンで接種をはじめた方で、接種が完了されていない方は四種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンに切り替えて
     接種を完了する必要があります。残り接種回数が分からない方は下記までご連絡ください。
 

 BCG(結核)
(生後3か月~1歳未満)

 生後5か月~8か月未満の間に1回

 1回

麻しん・風しん
(1期:1歳~2歳未満)
(2期:保育園年長児相当) 

 

 1期:1歳~2歳未満の間に1回

 1回

 2期:4月~6月の間に1回

 1回  

水痘(水ぼうそう)
(1歳~3歳未満)

1歳~1歳3か月の間に1回

 2回:6か月~12か月の間隔をおいて
(注)既に水痘(水ぼうそう)にかかったことがある方は対象外になります。

 
日本脳炎
(1期:生後6か月~
7歳6か月未満)        
(2期:9歳~13歳未満) 

 

 1期:3歳中に2回、4歳中に1回

 1期初回 2回:6日~28日の間隔をおいて
 1期追加 1回:1期初回(2回)終了後、6か月以上、おおむね1年を経過した時期

 2期:9歳中に1回

 1回

 二種混合
(ジフテリア、破傷風)
(11歳~13歳未満)

 11歳中に1回

 1回:四種混合1期を終了したお子さんが対象

 子宮頸がん
(小学6年生~高校1年生の女子)

 

中学1年生の間に1回

(注)平成25年6月14日厚生労働
       省の通知を受け、積極的勧
       奨を行っておりません。
   接種を希望する場合は、接
       種することができます。 

 〇2価ワクチンの場合 3回
 1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて2回目
 1回目の接種から5か月以上、2回目の接種から2ヵ月半以上の間隔をおいて3回目                  
 〇4価ワクチンの場合 3回
 1回目の接種から1か月以上の間隔をおいて2回目
 2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて3回目

日本脳炎の特例対象者について

 日本脳炎の予防接種は、平成17年5月以降、厚生労働省から積極的な接種勧奨の差し控えにより、日本脳炎の予防接種が未接種(4回必要)となっている方に、接種機会が確保されました。 

実施医療機関

  平成29年度予防接種の個別接種指定医療機関一覧.pdf(178KBytes)

長期療養のため接種対象期間に予防接種を受けることができなかった方については、こちらをご覧ください。 

 長期療養のため接種対象年齢内に予防接種を受けられなかった方へ 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

 

お問い合わせ

健康推進課
母子保健係
電話:0172-44-1111(内線1143・1144)
ファクシミリ:0172-44-0068