情報公開

2014年12月10日

◆市が保有している情報の開示

行政文書の開示請求について

行政文書の開示請求書(開示請求書のダウンロード)

開示決定等に不服があるとき(異議申立て)
平川市情報公開審査会・個人情報保護審査会について

平川市の情報公開制度

 平川市は、平成18年1月に平川市情報公開条例を制定し、市民の知る権利の尊重と、市の市政に関する説明責任を明記するとともに、行政文書の開示を求める権利を広く何人にも保障しています。

1 請求できる人

どなたでも開示を請求することができます。

2 行政文書の開示を実施する機関

・市長
・議会
・教育委員会
・選挙管理委員会
・監査委員
・農業委員会
・固定資産評価審査委員会

3 請求の対象となる情報

当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が保有している行政文書が対象になり、電磁的記録も含みます。

4 請求の方法

開示請求の方法には、次の2種類があります。
なお、口頭、電話、電子メールによる請求はできません。

(1) 開示請求書を窓口に提出
所定の請求書に氏名・住所・行政文書の名称などを記入して、情報公開担当窓口(総務課行政係)に提出してください。  
 
(2) 郵送による開示請求
所定の請求書に氏名・住所・行政文書の名称などを記入して、情報公開担当窓口(総務課行政係)まで郵送してください。

5 開示の決定について

実施機関は、請求のあった行政文書について、請求日の翌日から14日以内に開示するかどうかの決定を行い、その内容を通知します。(事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、決定期間を延長する場合があります。)    

●インターネットによる開示の実施は行っておりません。

6 開示しない情報について

行政文書は原則開示します。ただし、特定の個人が識別される情報など次の情報については、開示しない場合があります。

●法令等の規定で公にすることができない情報
●個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができる情報
●法人に関する情報であって、法人の正当な利益を害するおそれがある情報
●人の生命・財産等の保護や公共の安全の確保などに支障が生ずるおそれがある情報
●審議、協議等に関する情報であって、意思決定の中立性が不当に損なわれたり、不当に市民に混乱や不利益を与えるおそれがある情報
●市の事務事業などの適正な遂行に支障を及ぼすおそれのある情報

7 手数料について

行政文書の閲覧・視聴は無料です。写しの交付を請求される場合は、実費をいただきます。

8 決定に不服がある場合について

請求した行政文書が開示されない等その決定に不服があるときは、行政不服審査法に基づく不服申立てができます。
この場合、実施機関は平川市情報公開審査会に諮問し、その答申を尊重して不服申立てに対する決定等をすることになります。

行政文書開示請求書

様式第1号(第2条関係)(Word 33.0KB)

開示決定等に不服があるとき(異議申立て)

■開示決定等に不服があるときには、60日以内に異議申立てができます

行政文書の開示請求や、個人情報の本人開示請求等に関して、平川市の実施機関が行った開示決定等に不服があるときには、行政不服審査法に基づき、実施機関に対して異議申立てをすることができます。
異議申立ては、開示決定等の原処分があったことを知った日(=開示請求者に対する決定通知書が送付された日)の翌日から起算して60日以内に、開示決定等を行った実施機関あてに行います。
異議申立てを受けた実施機関は、平川市個人情報保護審査会へ諮問し、審査会から答申を受けた上で、異議申立てに対する決定を行います。ただし、実施機関において、全部開示(・全部訂正・全部利用停止)ができると判断した場合や、そもそも異議申立てが不適法であった場合には、諮問をせずに決定します。

■開示決定等に係る異議申立書の作り方

記載事項(行政不服審査法第15条)
1 異議申立ての年月日
2 異議申立人の氏名、年齢及び住所
※代理人(法定代理人)により申立てする場合は、これに加えて代理人の氏名及び住所も記載してください。
3 異議申立人の押印
※代理人により申立てする場合は、代理人の印となります。(この場合、異議申立書に異議申立人の押印は不要ですが、代理権を証明する書類の添付が必要です。)
4 異議申立てに係る処分
5 異議申立てに係る処分があったことを知った年月日
6 異議申立ての趣旨及び理由
7 実施機関の教示の有無及びその内容   

添付書類(行政不服審査法第13条)
○代理人により異議申立てする場合-代理権を証明する書類
戸籍の謄本等で、法定代理関係が分かる記載のあるもの

■異議申立書のひな形

ダウンロードしてお使いいただけます。割付けの変更などは御自由ですが、記載事項に漏れのないようご注意ください。
異議申立書(様式)(Word 23.5KB)
異議申立書(参考記載例)(PDF 6.25KB) 
 

平川市情報公開審査会・個人情報保護審査会

平川市情報公開審査会は平川市情報公開条例第18条の規定に基づき、また、平川市個人情報保護審査会は平川市個人情報保護条例第47条の規定に基づき設置された市長の付属機関です。
その機能は、実施機関(市長、議会、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、消防長、固定資産評価審査委員会)からの、情報公開や個人情報の本人開示請求に係る開示決定等に対する不服申立てについての諮問並びに情報公開に関する事項についての諮問に応じて調査審議し、その結果を当該実施機関に答申します。

 

■平川市情報公開審査会答申の概要

 

答申番号 答申日 対象公文書 原決定 答申の骨子
26答申第1号.pdf(222KBytes) 平成26年12月10日 配偶者間暴力を訴えたことにより警察署から送付された関係書類一切 存否応答拒否 原決定妥当

 

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課
行政係
電話:0172-44-1111(内線1342、1350)
ファクシミリ:0172-44-8619