町会について

2014年8月1日

明るく住みよい地域は、そこに住む人々の協力と連携によってつくられます。現在市内には67の町会が組織されています。
町会では、お祭りや盆踊りなどの楽しい行事を始め、ごみ集積所の維持管理、避難訓練などの町会活動を実施しています。
町会活動は、私たちの生活を支える大切なものです。町会に加入して一緒に明るいまちづくりをしませんか。

町会とは

町会とは、一定の地域に住む人々が、日頃から交流を深め、快適で住みやすいまちづくりを目指して、お互いに協力しながら自主的に活動している住民組織です。

町会の役割

普段の生活において、町会活動に支えられていることがたくさんあります。同じ地域に住む人々が、より快適で安心・安全なまちを維持、確立していくために自主的に活動し、お互いがその活動の恩恵を享受し合う「共助のネットワーク」、それが町会活動です。 町会の主な活動については、下記のとおりです。

災害への備えとして

災害時などの「いざ」というときには、お隣さんや近所の人たちが一番頼りになるものです。平成7年に発生した「阪神・淡路大震災」では、救助された人の約8割が、近隣住民によって助け出されたとのデータもあります。 日頃から地域の絆を深めておくことが「いざ」というときの備えになります。

町会の現状

現在、市内全域で9,438世帯が町会へ加入しています。加入率にすると81.1%になります(平成26年4月1日現在)。 しかし、最近は市全体の世帯数が増加しているにもかかわらず、加入世帯はあまり増えていないのが現状です。特にアパートが多い地域や新しく区画整備された住宅地などでは、加入率が低い現状にあります。

町会費は大切な財源

町会活動の主な財源は、加入されている皆さんの町会費です。地域で生活する中で、私たちは町会からたくさんの恩恵を受けています。地域の一員として町会に加入し、町会費を納めましょう。

加入するには

加入は世帯ごとになります。町会長や班長さんなどにお声をお掛けください。 新しく世帯を持たれた方や転入された方で、まだ町会に加入されていない方は、地域の人々と支え合いながら、住みよいまちづくりを目指すため、ぜひ町会に加入してくださるようお願いします。

町会加入促進事業

平成26年4月1日以降に転入または転居された世帯のうち、新たに町会に加入した世帯を対象に、市指定のごみ袋や紙ひも等の生活支援グッズを提供します。(1回限り)
転入、転居届出の際、届出窓口(市民課、葛川支所、尾上・碇ヶ関総合支所)において町会加入促進チラシを配布しておりますので、町会に加入する場合、町会加入促進チラシ内の「町会加入取次依頼書」に必要事項を記入し、市役所へ提出してください。
市役所がお住まいの地域の町会へ取次ぎし、後日町会から入会のご連絡を差し上げます。(後日、町会を通して生活支援グッズが提供されます。)
町会加入促進チラシ.doc(1.94MBytes)
町会加入促進チラシ.pdf(367KBytes)

町会の主な活動内容

情報のあるまちづくり

町会内の情報を回覧板でお知らせしたり、生活に必要な行政情報をお知らせするため「広報ひらかわ」などの広報紙の配布を行っています。

災害に強いまちづくり

災害に強いまちづくりのため、自主防災組織の結成や防災訓練の実施、防火活動などを実施しています。

安全なまちづくり

犯罪のない安全なまちづくりのため、防犯灯の設置・維持管理、防犯パトロールによる犯罪防止活動、交通安全の推進活動などを行っています。

安心して暮らせるまちづくり

子どもから高齢者の方までみんなが安心して健やかに暮らせるように、地域で見守り・支え合う地域福祉活動や青少年健全育成活動を行っています。

ふれあいのあるまちづくり

子どもから高齢者の方までみんながふれあえるよう、伝統行事の保存・育成、祭りや盆踊り、運動会、文化祭などを開催しています。

きれいで快適なまちづくり

きれいで快適なまちづくりのために、公園や道路などの清掃、ごみ集積所の維持管理、分別収集への協力などを行っています。

お問い合わせ

総務課
電話:0172-44-1111
ファクシミリ:0172-44-8619